SCORE CARDBACK NUMBER

またひとつ消える、プロレスの「聖地」。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2005/11/10 00:00

またひとつ消える、プロレスの「聖地」。<Number Web> photograph by Essei Hara

 列島を東へ西へ。全国のプロレス会場を取材で訪れ、はや42年。大分・県立荷揚町体育館に続いて思い入れ深い会場がまたひとつなくなるという。仙台・宮城県スポーツセンターだ。

 広瀬川の川辺に建ち、額に汗して上れば、そばには独眼竜・伊達政宗像が市街地を見下ろす青葉城跡の公園。桜のシーズンは日本プロレスのワールド・リーグ戦、紅葉の頃はNWAタッグ・リーグ戦。巡業の楽しさと季節の移り変わりが肌で感じられた会場だった。

 収容人員5000人強。東北のスポーツ文化の拠点だったそのスポーツセンターは'64年7月にオープン。東京・大田区体育館、神奈川・横浜文化体育館などと同じ40年の歴史を持つ。その老朽化に伴い、施設を仙台市に返還し、来年3月に閉館するという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本シリーズ総力特集]魔法のマリーンズ 圧勝。

プロレスの前後の記事

ページトップ