SCORE CARDBACK NUMBER

岩村明憲が愛する
日本野球と演歌の心。 

text by

津川晋一

津川晋一Shinichi Tsugawa

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2009/03/12 02:00

岩村明憲が愛する日本野球と演歌の心。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 八代亜紀や吉幾三といった渋いラインナップの演歌が次々とステレオから流れてくるなか、バットを懸命に振り込む。タンパベイ・レイズ、岩村明憲の自主トレ風景だ。

 「昔からおばあちゃんっ子だったこともあって、『矢切の渡し』とか『さざんかの宿』を幼稚園の頃から一緒に聴いていたんです。演歌は日本の心を代表しているし、向こう(アメリカ)に行って余計に聴くようになったかもしれないですね」

 打席に入る時のテーマソングは矢沢永吉の『HURRICANE』だし、コブクロ、EXILEなどヒットチャートに上がる曲ももちろん聴くが、タンパで乗る自家用車のカーステレオでも流すほど演歌は身近なものとしてある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 607文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[WBCプレビュー]日本野球の底力

Sports Graphic Number 724

[WBCプレビュー]
日本野球の底力

 

関連記事

岩村明憲
タンパベイ・レイズ

MLBの前後の記事

ページトップ