SCORE CARDBACK NUMBER

本音を発信するブログが新たなメディアに。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byRyu Makino

posted2006/06/08 00:00

本音を発信するブログが新たなメディアに。<Number Web> photograph by Ryu Makino

 アスリートにとってブログは、今や情報発信の手段として欠かせない場所になっている。そのほとんどがシンプルに日常の出来事を綴ったものだが、ファンにとっては選手の生の声が聞ける貴重な情報源のひとつ。古田敦也など、著名なアスリートが運営する個人サイトへのアクセス数は相変わらず多い。

 そんな中、男子バレーボール、小林敦(東レアローズ)の個人ブログは他とは少々、趣が異なっている。バレーボールのテレビ中継にアイドルは必要か、リーダー論、企業スポーツのこれからについて等々、取り上げる話題は「独自のバレーボール論を語ります」という紹介文の通り、バレーにかかわることのみだ。全日本の主将を務めた経験も持つ現役選手でありながら、その発言は、誤解を招く恐れもあるほど大胆で、テーマは重い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 575文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表 魂をドイツへ。Soul Survivors of Spirit

Sports Graphic Number 654・655・656

日本代表 魂をドイツへ。
Soul Survivors of Spirit

 

小林敦

バレーボールの前後の記事

ページトップ