SCORE CARDBACK NUMBER

ギリシャに継承されたドイツ流のスタイル。 

text by

永井洋一

永井洋一Yoichi Nagai

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2004/07/15 00:00

ギリシャに継承されたドイツ流のスタイル。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 前回このコラムで、近代サッカーに乗り遅れているかのようにみえるドイツ、イタリアが、ユーロでどのような戦いをするか楽しみだと書いた。しかし、ドイツも、イタリアも、無残にグループステージで脱落した。特にドイツは、消化試合用に送りだされたチェコの控え選手に負けたのだから始末が悪い。

 一方で、新鮮な驚きをもたらしたのがギリシャだ。開幕戦でポルトガルを撃破し、スペインを蹴落とし、フランスまで引きずり下ろした。この原稿を書いている段階ではチェコとの準決勝が決まっている。ギリシャの持ち味は、組織の整備された守備と、「ダイレクトプレー」を地で行くシンプルな攻撃だ。個々の局面では、あっといわせるような派手なプレーはないものの、選手は献身的に動き、基本通りの動きを地道に組み立て、安易にギャンブルせずに確率の高い方法を選択してゲームをつくっていく。つまりそれは、チームの指揮官オットー・レーハーゲルによって注入されたドイツのスタイルに他ならない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 520文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表総力特集 覚悟。 WE'RE ALL SET
オットー・レーハーゲル

海外サッカーの前後の記事

ページトップ