SCORE CARDBACK NUMBER

「決める」オーラ放つ横浜FMの山瀬功治。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byShinji Akagi

posted2008/05/01 00:00

「決める」オーラ放つ横浜FMの山瀬功治。<Number Web> photograph by Shinji Akagi

 「やられた」。ゴールが決まるより先に、そう感じる瞬間がある。例えば、'06年ワールドカップ、日本―ブラジル戦での、ジュニーニョ・ペルナンブカーノのゴール。フリーになった彼の足元にボールが入った瞬間、防御不能のブレ球シュートを覚悟するしかなかった。

 Jリーグでも、ワシントンがDFを背負いながら、足元にボールを収めた瞬間などに、同じような感覚になったことはある。ただ、たいていの場合、対象は外国人選手である。日本代表が、個人で勝負する意識が足りない、と言われ続けているように、相手DF側から見れば、“やられそうな雰囲気”を持った日本人選手には、あまりお目にかかれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 621文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

['07-'08 European Football]越境フットボーラーズ
山瀬功治
横浜F・マリノス

Jリーグの前後の記事

ページトップ