SCORE CARDBACK NUMBER

真の王者を求めるなら団体の壁などいらない。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byKoji Fuse

posted2005/05/12 00:00

真の王者を求めるなら団体の壁などいらない。<Number Web> photograph by Koji Fuse

 「キックボクシングって、なんで同じ階級の日本チャンピオンが何人もいるんですか?」

 格闘技にちょっと興味を持ち始めた人からよく受ける質問だ。う〜ん、頭が痛い。確かにキック界は多団体が乱立。それぞれが別個に王者を認定している。ちょっと見方を覚えたらキックほど初心者にもわかりやすく面白い格闘技はないのに、その複雑な構造が一般大衆の視線を遮る大きな壁となっている。

 その元凶は各団体ごとに地上波がついた'70年代のキックブーム。テレビ局としたら、団体ごとに囲ってしまった方がプロモートしやすい。結局、当時のキック業界は好視聴率と引き換えに、統一コミッションを作る機会を失ってしまった。ブームが過ぎ去るとテレビ局は相次いで撤退したが、団体ごとに興行を打つというシステムだけは生き残った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

格闘技の前後のコラム

ページトップ