SCORE CARDBACK NUMBER

青木功、63歳が放つ、“自然なゴルフ”の貫禄。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2006/01/12 00:00

 「自分の娘よりも若い藍ちゃんと一緒にプレーするんだもの、こんなに楽しいことはないよ。ゴルフは年齢問わず一緒に戦えるゲームなんだと改めて思った。来年から藍ちゃんは、米女子ツアーで戦うわけだけど、これからがほんとうの意味で自分のゴルフを磨いていく時期になる。まあ、23歳ぐらいまでにそれが作り出せれば最高じゃないかな」

 国内プロゴルフの男女、シニアプロによる対抗戦、日立3ツアーズ選手権。青木功は宮里藍とともにプレーした感想を嬉しそうにそう語った。

 1942年8月31日生まれの63歳。'04年に日本人で2人目となる世界ゴルフ殿堂入りをしたが、いまもなお米国のチャンピオンズ・ツアーで戦い続けている。大会の2日前、その青木にインタビューをする機会を得た。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 548文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表「対戦国を語る」W杯に見る夢。
青木功

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ