SCORE CARDBACK NUMBER

お正月番組に感じた、ボーダーレスの危うさ。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byShinji Akagi

posted2007/01/25 00:00

お正月番組に感じた、ボーダーレスの危うさ。<Number Web> photograph by Shinji Akagi

 イタリアから里帰りし、数年ぶりに日本で年越しをした筆者だが、年末年始に日本のTVで流れたスポーツ番組を少々奇異に感じた。スポーツとエンターテイメントの境界が曖昧すぎるのだ。

 実業団ニューイヤー駅伝(TBS)では、ランナー走行中にスポンサー絡みで同局新ドラマ関連グッズのカレーパン配布。高校サッカー選手権(日テレ)決勝では、ハーフタイムにピッチのすぐ脇で歌手プロモーション。そもそも、権威も歴史もあるはずの各大会に毎年変わる「イメージソング」って何なのか?

 昨年、ドイツW杯決勝戦での国内視聴率が91%を越えたイタリアでもコメディアンや歌手が歌い踊る娯楽番組は盛んだが、スポーツ番組との一線はしっかり線引きされている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[RUGBY FOOTBALL CLIMAX]ラグビー 猛き光芒。

他競技の前後の記事

ページトップ