SCORE CARDBACK NUMBER

涙のマスターズ制覇。ウッズ、完全復活か? 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2005/04/28 00:00

 トーナメントに優勝して、タイガー・ウッズが涙ぐんだことがこれまでにあっただろうか。'97年にマスターズ初優勝を遂げたときも、それ以外でも、そんなシーンはなかったはずだ。

 だが、今回のマスターズの表彰式でウッズは涙ぐんでいた。もちろんウッズ自身が語ったように、父親のアール氏が心臓病で入院していることもあっただろう。だが、'02年の全米オープン以来、3年近くメジャーに勝てなかった苦難の時期を乗り越えた喜びも大きかったはずだ。

 ただ、このゲームでは、ウッズの涙の勝利とともに、惜しくもプレーオフで敗れたクリス・ディマルコ(米)の健闘を讃えたいと僕は思う。ディマルコは、最後の最後まで、簡単にウッズに勝たせない粘り強いゴルフを見せてくれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 585文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[創刊25周年特別編集]1980-2005 日本野球の25人 ベストゲームを語る。
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ