SCORE CARDBACK NUMBER

'05年マスターズ展望。ヤマ場は5番ホールか。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2005/03/31 00:00

'05年マスターズ展望。ヤマ場は5番ホールか。<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

 かつてジーン・サラゼンという名手がいた。彼が世界的に有名になったのは、1935年、第2回大会のマスターズに優勝してからである。圧巻は最終日、15番ホール、パー5。サラゼンは第2打を直接カップに放り込んだ。アルバトロス(ダブルイーグル)をやってのけたのだ。

 「その後、あのダブルイーグルは素晴らしかったですね、と何千人以上もの人が声をかけてきた。でも、あの時、実際にプレーを見ていたのは50人ほどだったんだけどね(笑)」

 と彼は笑いながら話してくれたことがある。

 あれから70年が過ぎた。この10年、15番ホールの第2打は、飛ばし屋なら9番、ピッチングウエッジでグリーンオンが可能となった。それだけクラブやボールが進化したのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 637文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[Champions League Final8]The Survival of Tomorrow

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ