SCORE CARDBACK NUMBER

マスターズが瞠目した、“二刀流”の切れ味。 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

posted2006/05/08 00:00

 今年のマスターズの覇者はフィル・ミケルソンだった。見事な勝利もさることながら、大会ではミケルソンの“二刀流”が話題になった。

 ミケルソンは、通常のドライバーに加え、もう1本のドライバーをキャディーバッグに入れてマスターズを戦った。ドライバーを2本使ってプレーすることは珍しい。使用できるクラブが14本に制限されている以上、ドライバーに2本も使うのは惜しい──。大抵のゴルファーはそう考えるからだ。

 「14本以内」というルールが確立されたのは、1936年にさかのぼる。それ以前は、バッグの中にクラブを何本入れても構わなかった。マスターズの創始者であり球聖と呼ばれたボビー・ジョーンズは、当時の年間グランドスラム(全米オープン、全米アマ、全英オープン、全英アマ)を達成していたときに18本のクラブをバッグに入れていたし、ウォルター・ヘーゲンという名手は、なんと25本ものクラブを使ってプレーしていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 514文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

フィル・ミケルソン

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ