SCORE CARDBACK NUMBER

球児たちの成長を促す、“死のブロック”という試練。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

posted2007/08/23 00:00

 8月8日に夏の甲子園大会が開幕した。全49校が8つのブロックに分かれ、そこで2〜3勝するとベスト8に名乗りを挙げるという勝ち上がり方式。この記事が出る頃には、ベスト8が出揃いつつあり、高校野球ファンにはこたえられない時期だ。

 ブロックごとに見ていくと、くじ運の良し悪しが露骨である。最も多く強豪校が集まったのは、1回戦で智弁和歌山高と仙台育英高が激突したブロック。両校とともに有力校に挙げられている帝京高、金光大阪高が同居する。選手を見ても、智弁和歌山戦で最高154キロ、17奪三振を記録した佐藤由規(仙台育英高)、怪物・中田翔を通算13打席0安打に封じ込んできた植松優友(金光大阪高)、高校通算60発のホームランをスタンドにたたき込んでいる中村晃(帝京高・一塁手)など超高校級が一堂に会し、レベルの高さは一目瞭然だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 547文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[その試合が彼らを変えた]熱球物語。

高校野球の前後の記事

ページトップ