SCORE CARDBACK NUMBER

9・7「HERO'S」には、見どころがいっぱい。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byKoji Fuse

posted2005/09/01 00:00

9・7「HERO'S」には、見どころがいっぱい。<Number Web> photograph by Koji Fuse

 ついにトップスリーが揃い踏み。9月7日の『HERO'S 2005ミドル級世界最強王者決定トーナメント』(準々決勝&準決勝)に、7月の開幕戦を勝ち抜いた勝者5名に加え、山本“KID”徳郁(KILLERBEE)、須藤元気(ビバリーヒルズ柔術クラブ)、宇野薫(和術慧舟會)が出場する。若者層に絶大な支持を受ける神の子・KIDは、まずホイラー・グレイシー(ブラジル)と激突する。ホイラーはしつっこい寝技をやらせたら一流ながら、打撃ではKIDに分がある。しかも開幕戦の試合運びを見る限り、ホイラーの体のキレは今ひとつだった。KIDが打撃勝負に徹すれば、準々決勝突破は固い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 635文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[詳報!W杯最終予選1位通過]日本代表 誇りを胸に。

格闘技の前後の記事

ページトップ