SCORE CARDBACK NUMBER

日本ラグビーの雄、吉田義人、新たな旅立ち。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2004/05/06 00:00

日本ラグビーの雄、吉田義人、新たな旅立ち。<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

 「お前はヨシダか?」

 いったい何人の人にそう訊かれたことだろう。1992年4月、NZで記者はたいへんな質問攻めと握手攻めにあった。何も記者が“ヨシダ”に似ていたわけではない。その時期、NZに滞在していた日本人の多くが、そんな経験を持ったはずだ。ラグビーについてなら世界一目が肥えているはずのキーウィたちは、その日目撃したトライを頬を赤くして語り、讃え、日本人と見れば誰彼なく握手を求めていたのだ。

 トライを奪われたのは、誇り高き黒の軍団オールブラックス。奪ったのは世界選抜の背番号11、日本代表のWTB吉田義人だ。イングランドのCTBガスコットがゴールライン上に蹴り上げたキックを弾丸となって追い、頭から飛び込み、伸ばした腕の先で落ちてきたボールを掴むと同時にグラウンディング。「あんな凄いトライは一度も見たことがない。NZ人なら誰も忘れませんよ」。後にそう言ったのは、16歳のときスタンドの一角でスーパートライを目撃したジョナ・ロムーだ。その男のプレーを語るとき、人は誰も熱くなった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 498文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

The Breaks of The Game勝負の力学。 一瞬に隠れた20の物語
吉田義人

ラグビーの前後の記事

ページトップ