SCORE CARDBACK NUMBER

新生F・ニッポンよ、このチャンスを見逃すな。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2006/01/12 00:00

 陸上種目をはじめ、様々な競技の世界記録は徐々に塗り替えられて向上する。人間の肉体がこれほどの速度で進化することはないから、トレーニング方法や道具が科学によって改良されたとしか考えられない状況だ。敢えて言えば、記録を科学が書き換えているのだ。

 それなのに、モーターレーシングは、いまだに「スポーツかどうか」という不毛な問いかけから逃れられないでいる。我が国には、肉体を神聖視し科学を不純と考える奇怪なスポーツ観が根付いており、道具の性能が勝敗を左右する自動車レースは失格ということになるのだろう。そういえば昔、とある冬季オリンピック種目の取材をした際、他国チームがエンジニアを帯同し科学的な分析の下で練習を進めているのに対し、我が日本チームにはエンジニアの姿はなく、ただコーチから与えられた「根性を出せ」という指示だけが拠りどころという有様を見てあきれたものだ。この意識の壁は容易には乗り越えられない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 506文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表「対戦国を語る」W杯に見る夢。

モータースポーツの前後の記事

ページトップ