SCORE CARDBACK NUMBER

18歳の心意気は、世界への道を切り開くか。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2006/05/25 00:00

18歳の心意気は、世界への道を切り開くか。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 日本女子に、また新星が誕生した。5月の第1週に岐阜で行われたカンガルーカップ(賞金総額5万ドル)で、18歳の高雄恵利加がチャレンジャー大会に初優勝した。決勝では日本No.2で、先の女子国別対抗戦フェド杯世界グループ2部対スイス戦で日本勝利の原動力となった中村藍子にフルセット勝ち。大会が世界ランキングのかかったチャレンジャーシリーズとなって以来、5人目の日本人チャンピオンとなった。最新の世界ランキング(5月8日付)では、前回から60位以上もジャンプアップ。自己最高の213位となり、4大大会予選に出場が可能な100位台も目前となってきた。身長150cmと、日本人の中でもひときわ小さい。そのため、これまで体力の弱さが指摘されてきた。しかし、カンガルーカップでは優勝までの5試合すべてフルセットの激闘を戦い抜き、見事にタフなプレーを見せた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 547文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

W杯32カ国ストライカー列伝 攻撃者。 Master of The Goals

テニスの前後の記事

ページトップ