SCORE CARDBACK NUMBER

3階級王者に挑む出稼ぎボクサー。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2005/03/03 00:00

 比国(フィリピン)のボクサーといえば、ファンの間では日本選手の引き立て役を務める“弱い”“出稼ぎ選手”というイメージが定着しているように思える(そもそもこの国では総人口の1割近い700万もの男女が海外に仕事を求めて祖国を留守にしているから、ボクサーが外国で戦うこと自体が珍しいことではない)。

 しかし見くびってはいけない。比国のボクシングの歴史は日本よりも古く、フライ級のパンチョ・ビラがニューヨークで初めて世界王座を獲得したのは1923年、白井義男がダド・マリノに勝ち日本人初の世界王者となる29年前のことである。因みにマリノはハワイからやってきたが、出身はやはり比国である。戦後の国民的英雄だったフラッシュ・エロルデは16歳で初来日し、新人時代は東京で生活していた。歴代の王者のほとんどは「アウェイ」で運命を切り開いてきたのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 566文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

小さいことはいいことだ! スポーツ小兵列伝。

関連記事

ボクシングの前後の記事

ページトップ