SCORE CARDBACK NUMBER

スーパーGTの車番1、ルーキー伊沢に注目。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

posted2008/04/03 00:00

 昨年のスーパーGT選手権でシリーズチャンピオンになったのは、ホンダNSXに乗った伊藤大輔とラルフ・ファーマンだった。スーパーGTはクルマの競走、と決めつける向きもあるが、昨年の伊藤とファーマンは機械の性能に頼るばかりではなく、明らかにチャンピオンにふさわしい戦いぶりを見せた。

 そういう意味でまさにホンダのエースとなった伊藤ではあるが、シーズン終了後電撃的な移籍を発表した。行き先はホンダのライバルであるトヨタ系のチームである。ホンダは、エースを引き抜かれた形になってしまったのだ。

 自分の移籍がどれほどの波紋を呼ぶか最もわかっていたのは伊藤自身だろう。だが元々ホンダのドライバー待遇は必ずしも良くはなく、これまでにも優秀なドライバーが流出することがまま、あった。伊藤の決断も、それなりの待遇と、将来的な可能性を提示されたからこそ下されたものと囁かれている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 511文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[700th Anniversary Special Issue]総力特集・運命をめぐる物語 特別な一日。
伊藤大輔
ラルフ・ファーマン
伊沢拓也
ホンダ

モータースポーツの前後の記事

ページトップ