NumberEYESBACK NUMBER

K-1 MAX日本人対決、
衝撃的ダウンの必然。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2008/10/23 00:00

K-1 MAX日本人対決、衝撃的ダウンの必然。<Number Web> photograph by Essei Hara

 10・1『K−1ワールドMAX~2008世界一決定トーナメント決勝戦~』は、魔裟斗の5年ぶり2度めの優勝で幕を閉じた。準決勝、決勝ともダウンを喫しながらの大逆転劇。どちらが勝ってもおかしくない白熱したシーソーゲームだった。

 最大のクライマックスが訪れたのは準決勝で実現した魔裟斗vs.佐藤嘉洋の3ラウンド佐藤が会心の右ストレートで魔裟斗から衝撃的なダウンを奪った瞬間だろう。典型的な蹴りの選手と見られていた佐藤が、ハードパンチャーとして有名な魔裟斗を、相手のお株を奪うようなパンチで倒したのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1098文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

【永久保存版 引退記念特集】野茂英雄のすべて。

関連記事

アルトゥール・キシェンコ
佐藤嘉洋
魔裟斗

格闘技の前後の記事

ページトップ