NumberEYESBACK NUMBER

ナショナルトレセンが生み出す可能性とは。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byTakaomi Matsubara

posted2008/02/14 00:00

ナショナルトレセンが生み出す可能性とは。<Number Web> photograph by Takaomi Matsubara

 1月21日、ナショナルトレーニングセンター(NTC)が東京都北区にオープンした。2001年に日本で初めての国立スポーツ拠点として開設された国立スポーツ科学センターの隣の地上3階、地下1階の建物に世界最大の広さを誇る千畳の柔道場をはじめ、体操、卓球など10競技の練習場を設置。周囲には陸上の400mトラック、屋内テニスコート、約250名が宿泊できるビレッジが配されている。NTC事務所に籍を置くJOCの笠原健司氏は「世界最高レベルの施設です」と言う。

 敷地面積の都合、カヌー、ヨットや冬季競技のように競技特性上、作られなかった競技もある。これらは国内にある各競技の優れた施設をトレセンとして定め、資金面で助成を行なう。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

北京五輪
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ