NumberEYESBACK NUMBER

“鉄人王者”を陥落させたレスナーの実力は本物か。 

text by

髙阪剛

髙阪剛Tsuyoshi Kosaka

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2008/12/04 00:00

“鉄人王者”を陥落させたレスナーの実力は本物か。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 『UFC91』(11月15日・米国ラスベガス)でヘビー級王者ランディ・クートゥアーが防衛に失敗した。2R、挑戦者ブロック・レスナーの右ストレートがクートゥアーの左後頭部をとらえ、前のめりに崩れ落ちたところへ鉄槌を連打。“鉄人王者”まさかのKO負けに、UFCファンは衝撃を受けたに違いない。

 一時UFCを離脱していたクートゥアーにとっては、1年3カ月ぶりという長いブランクに加え、14歳という年齢差、20kgもの体重差と悪条件が揃っていたこの一戦。クートゥアーと対戦経験もある“世界のTK”高阪剛はどう見たのか。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ブロック・レスナー

格闘技の前後のコラム

ページトップ