NumberEYESBACK NUMBER

選手兼任監督として古田が成功するカギとは。 

text by

矢崎良一

矢崎良一Ryoichi Yazaki

PROFILE

posted2005/10/13 00:00

 巨人の新監督騒動の陰に隠れる形となったが、若松勉監督の辞意表明に伴い、ヤクルトに古田敦也監督誕生の気運が高まっている。球団はすでに就任を要請済みとのこと。受諾すれば、本人が現役続行を強く希望していることから、古田にとってプロでの恩師に当たる野村克也(現シダックス監督)以来、約30年ぶりの選手兼任監督となる。

 戦前の人材難の時代にはさほど珍しくもなかった選手兼任監督。その後も鶴岡一人、藤村富美男、中西太といった球史に残るスタープレーヤーが名を連ねている。 '70年には野村克也、村山実の2人が同時に就任。ともに30代なかばで、「青年監督」が当時の球界のトレンドとなった。しかし戦略戦術が高度化した現在のプロ野球では、非常に困難な職務と考えられている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1060文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[祝!阪神タイガース優勝]猛虎絢爛。
古田敦也
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ