炎の一筆入魂BACK NUMBER

広島を支えるコーチ陣の“3本の矢”。
打撃コーチ・迎祐一郎の愛と厳しさ。 

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2017/08/07 07:00

広島を支えるコーチ陣の“3本の矢”。打撃コーチ・迎祐一郎の愛と厳しさ。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

今季に入って再びバージョンアップしたかのように目覚ましい活躍を見せる丸(右)と、その指導をする迎コーチ。

「大した成績も残してないのに偉そうなことを言って」

「僕でいいのだろうか? やっていけるのか?」

 当時まだ32歳の迎は素直にそう思った。

 現役の多くを広島ではなくオリックスで過ごし、実績も残せていない。年上の選手もおり、すでに実績を残した選手たちもいる。何より指導者1年目から二軍ではなく、補佐とはいえ勝利が最優先の一軍だったからだ。

 それでも迎は首を縦に振った。

 新たな野球人生の始まりに、心に決めたことがある。

「現役時代にコーチの方に対して『大した成績も残してないのに偉そうなことを言って』と思ったことがある。でもなんでそう思ったかと考えれば、選手への接し方や、ものの言い方から感じられるものだと思う。ダメなことはダメ、大丈夫なことは大丈夫。15年間、選手としてやらせてもらった中で接してきたコーチの方たちとのコミュニケーションの中で、こうだったらちょっと話しやすかったかなと思ったり、聞きやすかっただろうなというのはある」

 前年まで共にプレーした選手ばかりだったことはプラス面もあれば、なれ合いになってしまうマイナス面もあった。だが、迎コーチ補佐(当時)ははっきりと線引きをした。

「自分の中でコーチ像があるわけじゃない。僕はいいも悪いも、おかしいと思ったことは言う。たとえば、レギュラーと控え選手でどこか分けてしまうところがあるけど、それをゼロに、分け隔てなく言う。それは変わらない」

毎日欠かさず各選手のポイントをチェックしている。

 指導法はいたってシンプル。

 2人に勝る広島での打撃指導歴の長さが、生きる。

「1日1日欠かさず見ないといけないポイントはあります。それは選手によって違うし、各選手に対してそのポイントを持っています。こうなればちょっとおかしくなるとか、反対にこの状態でもこのポイントがずれていなければ、すぐに(いい状態に)戻れるなというものがある。別にマニアックなところを見ているわけじゃないですよ(笑)」

【次ページ】 若手もベテランも名球会入り選手にも平等に接する。

2/4ページ
関連キーワード
迎祐一郎
石井琢朗
東出輝裕
新井貴浩
広島東洋カープ
オリックス・バファローズ

ページトップ