広島東洋カープ 

258件中 1 - 20件を表示
カープの“下位打線”は甘くない。野間、會澤、西川が果たす役割。

炎の一筆入魂

カープの“下位打線”は甘くない。
野間、會澤、西川が果たす役割。

2018年シーズンも終盤に突入した8月15日、広島に優勝マジックが点灯した。開幕から投手陣が安定せず、チーム防御率は4点台。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/08/19

マツダスタジアムで感じる一体感。そのお供に必要な「目」とは?

Sports Graphic Number

マツダスタジアムで感じる一体感。
そのお供に必要な「目」とは?

あれは確か、2年前の春だったと思う。広島東洋カープの本拠地マツダスタジアムで、新井貴浩の取材をした。インタビュー前に一塁… 続きを読む

鈴木忠平Tadahira Suzuki

2018/08/02

<特別対談> 畠山愛理×菊池涼介「自分流の野球スタイルを見てほしいですね」

Sports Graphic Number

<特別対談> 畠山愛理×菊池涼介
「自分流の野球スタイルを見てほしいですね」

今まで以上に見やすい形で、スポーツ観戦の魅力に触れたい――。そんなファンの願いを叶えるのがニコンが提供する双眼鏡だ。2人… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2018/08/02

阪神はなぜ、広島に勝てないのか。両軍に見る育成スパイラルの差。

プロ野球PRESS

阪神はなぜ、広島に勝てないのか。
両軍に見る育成スパイラルの差。

陽川尚将が苦しんでいますね。新外国人のロサリオが不振で二軍、糸井が故障で離脱している間は打ちまくっていましたが、各球団と… 続きを読む

藪恵壹Keiichi Yabu

2018/07/27

16日ぶりにプロ野球が帰ってきた。カープは広島の希望になるべく戦う。

炎の一筆入魂

16日ぶりにプロ野球が帰ってきた。
カープは広島の希望になるべく戦う。

広島に熱狂が戻ってきた。7月20日、マツダスタジアムで巨人戦が行われた。16日ぶりとなったプロ野球に、満員のスタンドは赤く染… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/07/23

目に見えぬ変化こそ、進化の証し!大瀬良大地、2018年版の心技体。

炎の一筆入魂

目に見えぬ変化こそ、進化の証し!
大瀬良大地、2018年版の心技体。

“駆け抜けろ 大地~ 赤い声援 力に変えて 今 不屈の闘志胸に~♪”マツダスタジアムに響き渡る登場曲を背に、マウンドに上… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/07/07

なぜ広島は野手と投手に溝がないか。「黒田さんの教えがあるんだと」

炎の一筆入魂

なぜ広島は野手と投手に溝がないか。
「黒田さんの教えがあるんだと」

ロシアでは世界一を決める、4年に1度のサッカーW杯が行われている。国と国との威信をかけた戦いは、チャンピオンズ・リーグやコ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/06/23

一軍マウンド復帰までの743日間。ついに蘇った広島・永川勝浩の意地。

炎の一筆入魂

一軍マウンド復帰までの743日間。
ついに蘇った広島・永川勝浩の意地。

まだ4点のビハインドがある9回。マツダスタジアムは大きな拍手に包まれた。マウンドをゆっくりと降りる背番号20、永川勝浩に向け… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/06/08

宇都宮餃子と岡本和真のHRを堪能!風に吹かれて男のぶらり野球ふたり旅。

ぶら野球

宇都宮餃子と岡本和真のHRを堪能!
風に吹かれて男のぶらり野球ふたり旅。

数年前に流行った“女子会”という言葉を聞く度に少し羨ましかった。なぜなら、基本的に“男子会”は成立しないからだ。 続きを読む

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

2018/06/03

菊池涼介、進化は守備だけじゃない。「トリプルスリーやるなら、キク」

炎の一筆入魂

菊池涼介、進化は守備だけじゃない。
「トリプルスリーやるなら、キク」

「ふぅ~」試合を終えて一段落すると、広島・菊池涼介は勝利の安堵のように深い息をつく。菊池は勝敗によって喜怒哀楽を表に出さ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/05/27

沢村賞の才能秘める広島・岡田明丈。異常に低い被打率を誇る球質とは?

炎の一筆入魂

沢村賞の才能秘める広島・岡田明丈。
異常に低い被打率を誇る球質とは?

人は未完成なものに、どこか魅力を感じる。この先が気になってしまう……と引き付けられる要因を「ツァイガルニク効果」と呼ぶら… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/05/14

黒田博樹の引退から2年――。広島に次のエースは出てくるか。

炎の一筆入魂

黒田博樹の引退から2年――。
広島に次のエースは出てくるか。

今、あらためてあの背番号15の背中の大きさを感じさせる。'18年セ・リーグペナントレース序盤、今年も2連覇中の広島が主役を演じ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/04/29

メジャーとステーキと赤ワイン。衣笠祥雄さんの深い野球愛に触れて。

メジャーリーグPRESS

メジャーとステーキと赤ワイン。
衣笠祥雄さんの深い野球愛に触れて。

『鉄人、逝く』――。訃報を目にしたのは、取材で訪れていたシカゴのホテルだった。 続きを読む

笹田幸嗣Koji Sasada

2018/04/27

衣笠祥雄&山本浩二はONにも匹敵。18年で4657安打のスーパーコンビ。

酒の肴に野球の記録

衣笠祥雄&山本浩二はONにも匹敵。
18年で4657安打のスーパーコンビ。

衣笠祥雄さんは4月19日、BSでDeNA-巨人戦の解説をした。しかしその声はいつにもまして甲高く、かすれて木枯らしのようだった。… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2018/04/26

サッカーも野球も指揮官は大変。カープ緒方監督が気を付けていること。

炎の一筆入魂

サッカーも野球も指揮官は大変。
カープ緒方監督が気を付けていること。

監督業とは酷なものだ。常に結果を問われ、内容も求められる。勝てば称賛され、敗れれば罵声を浴びせられる。ロシアW杯に臨むサ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/04/14

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。広島カープの「真の機動力」とは?

炎の一筆入魂

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。
広島カープの「真の機動力」とは?

広島のお家芸は、今年も健在だ。中日を本拠地マツダスタジアムに迎えた開幕3連戦。一発あり、小技あり、連打ありと多彩な攻撃で3… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/04/03

広島カープ、背番号「0」の系譜。上本崇司が極める“切り札”の野球道。

炎の一筆入魂

広島カープ、背番号「0」の系譜。
上本崇司が極める“切り札”の野球道。

名作に名脇役がいるように、いいチームにはいい脇役がいる。主力ばかりがスポットライトを浴びるプロ野球界で、あまりスポットラ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/03/17

タナキクマルがいれば広島は安泰。28歳の3人は若手の最高の教材だ。

炎の一筆入魂

タナキクマルがいれば広島は安泰。
28歳の3人は若手の最高の教材だ。

広島春季キャンプを見ていて、ふと中学時代の理科の授業で教わった「三点支持」を思い出した。「物体を安定させるには、最低3点… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/03/06

“天才”西川龍馬が侍Jになった理由。東京五輪、三塁手争い、広島の期待。

プロ野球亭日乗

“天才”西川龍馬が侍Jになった理由。
東京五輪、三塁手争い、広島の期待。

「本当に僕でいいのかなと思いますが、選んでもらった以上はしっかり期待に応えたいです!」3月3、4日に行われる侍ジャパンのオ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2018/03/02

広島の二軍キャンプは地味でも熱い。中村、桑原、木村、赤松が土の上で。

マスクの窓から野球を見れば

広島の二軍キャンプは地味でも熱い。
中村、桑原、木村、赤松が土の上で。

宮崎・日南の広島カープの春季キャンプ。クライマックスシリーズでは不覚をとったものの、2年連続セ・リーグ優勝を遂げたカープ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2018/02/11

ページトップ