石井琢朗 関連コラム

石井琢朗 

24件中 1 - 20件を表示
カープの教え子は「日本一で恩返し」。去りゆく石井琢朗コーチの思い出。

炎の一筆入魂

カープの教え子は「日本一で恩返し」。
去りゆく石井琢朗コーチの思い出。

別れは突然やってくる。互いに恋い焦がれても、別の道を歩む決断を下すときもある。別れとはそういうものだ。ただ、広島と石井琢… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/10/17

この人がいなければ優勝は無かった。河田雄祐が広島に残した大切なもの。

炎の一筆入魂

この人がいなければ優勝は無かった。
河田雄祐が広島に残した大切なもの。

初見の人は驚くかもしれない。声は大きい、言葉はきつい。そして豪快に笑う。広島カープの河田雄祐・外野守備走塁コーチの周りに… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/10/09

広島を支えるコーチ陣の“3本の矢”。打撃コーチ・迎祐一郎の愛と厳しさ。

炎の一筆入魂

広島を支えるコーチ陣の“3本の矢”。
打撃コーチ・迎祐一郎の愛と厳しさ。

広島攻撃陣の勢いが止まらない。昨季優勝に導いた得点力は今年も健在。昨年を上回るチーム打率を記録するなど、進化が感じられる… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/08/07

「3番として100点満点」の丸佳浩。出塁率リーグトップに至るまでの道。

炎の一筆入魂

「3番として100点満点」の丸佳浩。
出塁率リーグトップに至るまでの道。

「不器用なんで」と言い続けた男が、プロ10年目で新たな境地に足を踏み入れようとしている。広島打線の不動の3番となった丸佳浩… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/06/16

広島が仕掛ける打順革命、思想は?新井が5番ではなく6番に座る理由。

炎の一筆入魂

広島が仕掛ける打順革命、思想は?
新井が5番ではなく6番に座る理由。

今年も広島打線は他球団の猛威となっている。交流戦までの49試合(5月28日現在)で、いずれもトップの打率2割7分8厘は、チーム打… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/05/29

三冠王、監督、GM時代の落合博満。知られざる「オレ流の素顔」を読む。

ぶら野球

三冠王、監督、GM時代の落合博満。
知られざる「オレ流の素顔」を読む。

あなたは落合博満をどれだけ知っているだろうか? 先日、ぶらりと書店に行ったら、多くの落合本が並んでいた。栄光の三冠王時代… 続きを読む

中溝康隆Yasutaka Nakamizo

2017/05/14

勝つことを知り、優勝の重みを得た。V2狙う広島に黒田の蒔いた種、育つ。

炎の一筆入魂

勝つことを知り、優勝の重みを得た。
V2狙う広島に黒田の蒔いた種、育つ。

日本一こそ逃したが、2016年は広島のシーズンだった。新井貴浩の2000安打と黒田博樹の200勝という大記録が同時に誕生し、25年ぶ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/12/31

秋季キャンプも広島伝統の猛練習。有望株3人の“超早出”は朝8時開始。

炎の一筆入魂

秋季キャンプも広島伝統の猛練習。
有望株3人の“超早出”は朝8時開始。

日南の朝は早い。朝8時、広島のキャンプ地、宮崎県日南市にある天福球場のライトポール下に6人が集まっていた。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/11/18

セ界王者のカープがCSで横綱相撲。背景には黒田、コーチらの意識改革が。

炎の一筆入魂

セ界王者のカープがCSで横綱相撲。
背景には黒田、コーチらの意識改革が。

視点を変えると、世界は変わる。2年ぶりに出場したクライマックスシリーズ(以下CS)での広島の戦いぶりは、どこの角度から見て… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/10/14

40回以上の逆転はなぜ生まれたか?石井琢朗がカープに施した打撃改革。

炎の一筆入魂

40回以上の逆転はなぜ生まれたか?
石井琢朗がカープに施した打撃改革。

9月10日、スタンドの半分が真っ赤に染まった東京ドームで、広島の25年ぶり優勝が決まった。選手たちがマウンドに向かって駆けて… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/09/13

石井琢朗が認める「背番号5」の後継。DeNA倉本寿彦、2年目での3割死守を。

ニッポン野球音頭

石井琢朗が認める「背番号5」の後継。
DeNA倉本寿彦、2年目での3割死守を。

1位の坂本勇人に始まり、鈴木誠也、菊池涼介、山田哲人、筒香嘉智……。セ・リーグの打率ランキングを上からたどると、当然なが… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2016/09/09

田中+キクマルは“毛利の三矢”だ。カープ同学年の3人、兄弟的な関係。

炎の一筆入魂

田中+キクマルは“毛利の三矢”だ。
カープ同学年の3人、兄弟的な関係。

戦国時代、安芸国から中国地方全域へと勢力を改題させたと言われる武将・毛利元就は、3人の息子に「三矢の教え」を説いたといわ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/09/03

プチ鹿島、5月のスポーツ新聞時評。プロ野球も都政もコリゴリジョン!?

月刊スポーツ新聞時評

プチ鹿島、5月のスポーツ新聞時評。
プロ野球も都政もコリゴリジョン!?

なんと言っても今月はプロ野球のコリジョンルール(衝突回避ルール)だろう。簡単にいうと「本塁での危険なクロスプレー禁止」の… 続きを読む

プチ鹿島Petit Kashima

2016/05/31

“レッドマシンガン”化する広島カープ。その中心には、あの外国人選手が……。

炎の一筆入魂

“レッドマシンガン”化する広島カープ。
その中心には、あの外国人選手が……。

広島打線の顔ぶれに、まだ違和感をぬぐえない野球ファンもいるかもしれない。スターティングラインアップに青から赤にユニホーム… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/04/01

クロスプレー規定で野球が変わる?広島が始めた「ゴロゴー」作戦とは。

プロ野球PRESS

クロスプレー規定で野球が変わる?
広島が始めた「ゴロゴー」作戦とは。

オープン戦初戦となったヤクルト戦(浦添)に、今季の広島が目指す野球が凝縮されていた。13安打11得点で大勝した爆発力ではなく… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/02/25

広島、緒方体制2年目は強烈な逆風。サンフレッチェに学ぶ「3本の矢」。

プロ野球PRESS

広島、緒方体制2年目は強烈な逆風。
サンフレッチェに学ぶ「3本の矢」。

春季キャンプを目前に控えた緒方広島の2年目は、昨年の今ごろとまったく違う風が吹いている。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/01/28

“2000本安打”の真髄を伝えたい……。広島の打撃コーチ・石井琢朗の現場感。

プロ野球PRESS

“2000本安打”の真髄を伝えたい……。
広島の打撃コーチ・石井琢朗の現場感。

2015年11月1日、広島の秋季キャンプ初日を迎えた宮崎県日南市天福球場。まだ肌寒さを感じる朝7時過ぎ。静かな球場にひとり、外野… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2015/11/13

広島・大瀬良の初白星に隠された、優勝した24年前との奇妙な一致。

Number Ex

広島・大瀬良の初白星に隠された、
優勝した24年前との奇妙な一致。

そのとき、編集部は重苦しい空気に包まれていた――。7年ぶりに日本へ帰ってきた黒田博樹と広島カープの特集を組むことが決まり… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2015/05/28

引退表明か現役続行か。40代選手、初秋の現在地。~プロ野球・ベテランの存在価値~

NumberEYES

引退表明か現役続行か。
40代選手、初秋の現在地。
~プロ野球・ベテランの存在価値~

今季開幕時、40歳代のプロ野球選手は17人いた。それが8月末の時点で、一軍登録されていたのは9人。ソフトバンクの小久保裕紀、 続きを読む

永谷脩Osamu Nagatani

2012/09/25

石井琢朗、広島に愛されて引退へ。横浜ファンが抱く羨望、後悔、感謝。

野次馬ライトスタンド

石井琢朗、広島に愛されて引退へ。
横浜ファンが抱く羨望、後悔、感謝。

「今年はクライマックスに行かないといけないんですけど、皆さん知っての通り、琢朗さんが引退を表明しました。皆さん、琢朗さん… 続きを読む

村瀬秀信Hidenobu Murase

2012/09/04

ページトップ