炎の一筆入魂 

カープの教え子は「日本一で恩返し」。去りゆく石井琢朗コーチの思い出。

カープの教え子は「日本一で恩返し」。
去りゆく石井琢朗コーチの思い出。

炎の一筆入魂

別れは突然やってくる。互いに恋い焦がれても、別の道を歩む決断を下すときもある。別れとはそういうものだ。ただ、広島と石井琢朗がともに過ごした時間は、互いにとって幸福であり、充実したものだったに違いない。続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/10/17

この人がいなければ優勝は無かった。河田雄祐が広島に残した大切なもの。

炎の一筆入魂

この人がいなければ優勝は無かった。
河田雄祐が広島に残した大切なもの。

初見の人は驚くかもしれない。声は大きい、言葉はきつい。そして豪快に笑う。広島カープの河田雄祐・外野守備走塁コーチの周りに… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/10/09

離脱者さえも連覇の戦力にした広島。選手層より大切な「カバーする力」。

炎の一筆入魂

離脱者さえも連覇の戦力にした広島。
選手層より大切な「カバーする力」。

9月18日、甲子園球場のマウンドに歓喜の真っ赤な輪が生まれた。そこへ球団スタッフに肩を借り、歩み寄る鈴木誠也を松山竜平は笑… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/09/25

カープ“谷間の世代”の象徴として。中田廉と一岡竜司、中継ぎの本望。

炎の一筆入魂

カープ“谷間の世代”の象徴として。
中田廉と一岡竜司、中継ぎの本望。

驚きの登録抹消だった。8月24日の公示。広島は右足首を剥離骨折した鈴木誠也とともに、中田廉の選手登録を抹消した。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/08/28

広島を支えるコーチ陣の“3本の矢”。打撃コーチ・迎祐一郎の愛と厳しさ。

炎の一筆入魂

広島を支えるコーチ陣の“3本の矢”。
打撃コーチ・迎祐一郎の愛と厳しさ。

広島攻撃陣の勢いが止まらない。昨季優勝に導いた得点力は今年も健在。昨年を上回るチーム打率を記録するなど、進化が感じられる… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/08/07

優しい人間は生き残れない世界で。広島・大瀬良大地が求める強さの形。

炎の一筆入魂

優しい人間は生き残れない世界で。
広島・大瀬良大地が求める強さの形。

イニング途中で交代が告げられても、広島大瀬良大地はマウンドを降りようとはしない。交代に抗議の意志を示しているのではない。… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/07/24

専門学校卒の星・一岡竜司。広島で輝く、庶民派のド根性右腕。

炎の一筆入魂

専門学校卒の星・一岡竜司。
広島で輝く、庶民派のド根性右腕。

今年も7月14日(ナゴヤドーム)、15日(ZOZOマリン)で年に1度の夢の球宴、プロ野球オールスターゲームが行われる。監督推薦によ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/07/13

愛される以上に、本人が広島を……。“ほぼ日本人”エルドレッドという男。

炎の一筆入魂

愛される以上に、本人が広島を……。
“ほぼ日本人”エルドレッドという男。

出張先で会った人に突然、真顔でこう聞かれた。「広島に住んでいるなら、エルドレッドがママチャリに乗っているところを見たこと… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/06/23

「3番として100点満点」の丸佳浩。出塁率リーグトップに至るまでの道。

炎の一筆入魂

「3番として100点満点」の丸佳浩。
出塁率リーグトップに至るまでの道。

「不器用なんで」と言い続けた男が、プロ10年目で新たな境地に足を踏み入れようとしている。広島打線の不動の3番となった丸佳浩… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/06/16

広島が仕掛ける打順革命、思想は?新井が5番ではなく6番に座る理由。

炎の一筆入魂

広島が仕掛ける打順革命、思想は?
新井が5番ではなく6番に座る理由。

今年も広島打線は他球団の猛威となっている。交流戦までの49試合(5月28日現在)で、いずれもトップの打率2割7分8厘は、チーム打… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/05/29

ショートに、ファーストに、外野でも。広島の“何色にも染まる男”安部友裕。

炎の一筆入魂

ショートに、ファーストに、外野でも。
広島の“何色にも染まる男”安部友裕。

今年も広島打線は活発だ。12球団トップの得点力でクリス・ジョンソンや中崎翔太を欠く投手陣を支えている。新井貴浩やブラッド・… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/05/12

広島・岡田明丈のマイペース伝説。2年目に変えたフォーム、不変の芯。

炎の一筆入魂

広島・岡田明丈のマイペース伝説。
2年目に変えたフォーム、不変の芯。

人は、そう簡単に変われない。桜の花も散り、季節が春から夏へと移り変わろうとしている。今春、新社会人となった若者は慣れない… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/04/27

37歳・石原慶幸vs.29歳・會澤翼!広島を牽引する2人の熱血捕手。

炎の一筆入魂

37歳・石原慶幸vs.29歳・會澤翼!
広島を牽引する2人の熱血捕手。

ユニホームの左腕に輝く優勝エンブレムがまぶしい。前年王者の広島は4月中旬、15試合を終えた時点で11勝3敗1分けという好スター… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/04/20

過去を捨てて甦った広島・今村猛。「昔の球」よりも、今投げられる球を。

炎の一筆入魂

過去を捨てて甦った広島・今村猛。
「昔の球」よりも、今投げられる球を。

日本中が沸いたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が、幕を閉じた。優勝した米国に準決勝で敗れた日本は、2大会連続でベ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/03/30

なぜ育成のドミニカンを実戦投入?カープが視界に捉える連覇とその先。

炎の一筆入魂

なぜ育成のドミニカンを実戦投入?
カープが視界に捉える連覇とその先。

春季キャンプも最終盤となり、各球団のチームづくりは1段階も2段階も上がった印象がある。これからオープン戦を重ね、開幕へ向け… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/02/25

優勝翌日にデビュー、防御率162点。広島・塹江敦哉は3年目に絶対来る。

炎の一筆入魂

優勝翌日にデビュー、防御率162点。
広島・塹江敦哉は3年目に絶対来る。

「今年“神ってる”活躍してくれる選手を取り上げてください」1月。キャンプ地・日南での合同自主トレを公開した広島の守護神中… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/01/31

目標は10割、200本、1000打点。鈴木誠也が探す「違うもの」の正体。

炎の一筆入魂

目標は10割、200本、1000打点。
鈴木誠也が探す「違うもの」の正体。

立ち止まると成長が止まるかのように、広島の鈴木誠也は年明けからマシン相手に打ち込んでいた。屋内練習場に響く打球音は、自分… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/01/16

深刻な「黒田ロス」を癒やす方法は?広島連覇には新スター誕生が必要だ。

炎の一筆入魂

深刻な「黒田ロス」を癒やす方法は?
広島連覇には新スター誕生が必要だ。

広島にとって、今年は新たな歴史の1ページになると言える。1999年の年末に起きた「2000年問題」に似ているのか、それとも国民的… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/01/03

勝つことを知り、優勝の重みを得た。V2狙う広島に黒田の蒔いた種、育つ。

炎の一筆入魂

勝つことを知り、優勝の重みを得た。
V2狙う広島に黒田の蒔いた種、育つ。

日本一こそ逃したが、2016年は広島のシーズンだった。新井貴浩の2000安打と黒田博樹の200勝という大記録が同時に誕生し、25年ぶ… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/12/31

カープに“当たり前の規格外”が。記録では語れない菊池涼介の貢献。

炎の一筆入魂

カープに“当たり前の規格外”が。
記録では語れない菊池涼介の貢献。

壇上でスポットライトを浴びるセ・パ両リーグのベストナインに選ばれた選手たちの晴れやかな表情を、ライトが消された丸テーブル… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2016/12/06

1 2 3 NEXT >>

ページトップ