欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

SVホルンとAbemaTVの奇妙なタッグ。
現代人の“推し”になるという挑戦。

posted2016/11/04 16:40

 
SVホルンとAbemaTVの奇妙なタッグ。現代人の“推し”になるという挑戦。<Number Web> photograph by AFLO

ホルンには浦和ユース出身の矢島倫太郎(写真)や、ハーフナー・マイクの弟ニッキらも所属している。

text by

西川結城

西川結城Yuki Nishikawa

PROFILE

photograph by

AFLO

 今季より、オーストリア2部に昇格したSVホルン。そのタイミングで、ホルンのリーグ戦ホーム&アウェイの全試合を生中継する放送局が現れた。それが今年の4月に開局されたAbemaTVだ。

 IT業界のサイバーエージェントと放送業界のテレビ朝日の2社により設立された、PCやスマートフォン向けのインターネットテレビ局である。視聴は無料で、扱うチャンネルは多種多様。ドラマ、映画、音楽番組から、釣りやアニメに韓流、深夜にはお色気番組も。

 スカパー!に代表されるCS放送や、来季からのJリーグ放映権を取得したダ・ゾーンやスポナビライブのようなスポーツ動画配信サイトといった有料メディアとは、また形態の違うメディア。そして、硬軟織り交ぜて編成されるコンテンツの中に、ホルンの生中継も組み込まれているのである。

 ホルンの関係者は、今季からの新たな契約についてこう語る。

「本田圭佑が実質経営しているクラブということに加えて、新たな切り口を作り出すことが難しいのが現状であることは間違いありません。そんな中、毎試合生中継という環境が整ったことで、常に観てもらえる窓口ができました。

 まずはどんなクラブで、どんな雰囲気の中、どんな試合をしているのかを知ってもらわないといけない。しかも無料で毎試合観られて、スポーツに興味のない方にもチャンネルザッピングで手を止めて頂ける可能性のある放送環境でもある。我々にとってはメリットしかないと感じています」

ニコニコ生放送とAbemaTVで視聴者は増加中。

 3部に所属していた昨季までは、ホームゲームはインターネットのニコニコ生放送で中継されていた。同サイトは今季も中継を継続しているが、現状では視聴者数は減っていないという。

「ホルンを観ている方は確実に増えてきています。ニコ生さんと私たちでは、また視聴者層も少し違っていると思います。サッカーファンだけでなく、釣り番組やアイドル番組を観ていた人がホルンの中継に辿り着くことがあれば、こんなにおもしろいことはない。私たちはそんな思いで作っています」

 そう話すのは、テレビ朝日の総合ビジネス局に属する北野雄司氏。これまでスポーツ制作やコンテンツビジネスの世界を主に渡り歩き、夏の世界水泳や冬のフィギュアスケート・グランプリシリーズを担当した経験を持つ。また現在は『新日本プロレスワールド』プロデューサーというユニークな肩書きも名刺には記されていた。そんな北野氏は、AbemaTVに出向する形でホルンの中継制作に携わっている。

【次ページ】 スポーツの放映権料は高いが、ホルンは大チャンス。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
SVホルン
本田圭佑
北野雄司

ページトップ