プレミアリーグの時間BACK NUMBER

モウリーニョはまだスペシャルか。
マンU監督はモイーズが比較の基準。

posted2016/11/05 17:00

 
モウリーニョはまだスペシャルか。マンU監督はモイーズが比較の基準。<Number Web> photograph by Getty Images

じりじりと順位を下げ、EL圏内からも引き離されつつあるマンU。今季の上位は順当な顔ぶれなだけに、失速は期待しづらいが……。

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

「モイーズ以下」

 本人には気の毒だが、2代前のマンチェスター・ユナイテッド指揮官は、サー・アレックス・ファーガソン勇退後の監督評価に関するベンチマークになっている。

 先代のルイス・ファンハールに続き、今季からマンUを率いるモウリーニョも、10月29日の10節バーンリー戦でスコアレスドローに終わると、メディアで有り難くない比較をされるはめになってしまった。

 モウリーニョのマンUは、プレミア開幕10戦を4勝3敗3引分けの勝ち点15。3シーズン前のデビッド・モイーズ体制1年目は、黒星の数は同じでも10節終了時点で17ポイントを獲得していた。3年前の5倍以上に当たる約1億4500万ポンド(190億円弱)を今夏の補強に費やしている事実も、「モイーズ以下」の度合いを強めた。

 プレミアでは、4試合勝ち星から遠ざかっている。前節チェルシー戦での大敗後(0-4)、リーグカップではマンチェスター・シティとのダービーで辛勝を収めたが、より重要なリーグ戦では格下相手のホームゲームでも勝利を奪うことができなかった。

 おまけに、モウリーニョはバーンリー戦後半にスタンド送り。PKをもらえなかった不満をハーフタイムに主審にぶつけた行動に対する退席処分だった。結果、試合翌日の『サンデー・タイムズ』では「大してスペシャルではない」、『エクスプレス』紙では「パニック状態」と評されることになった。

中盤の最適解が、まだ見つかっていない。

 さしもの「スペシャル・ワン」も、新任地で悩んでいることは明らかだ。

 自軍の最強布陣さえ、いまだ割り出せずにいるように見受けられる。チームの心臓部に当たる中盤中央にしても、チェルシー戦ではアンデル・エレーラとマルアヌ・フェライニがコンビを組み、ポール・ポグバがトップ下で起用されたが、バーンリー戦では、フアン・マタをトップ下に入れて、ポグバがエレーラと2ボランチを構成していた。後半には、システム自体も基本の4-2-3-1から4-4-2へと変わっている。

【次ページ】 実は、チームのパフォーマンスは悪くない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
マンチェスター・ユナイテッド
デイビッド・モイーズ
ジョゼ・モウリーニョ

ページトップ