欧州サッカーPRESS 

イングランドはプレミアの二線級?若い力でW杯8強なら上出来か。

イングランドはプレミアの二線級?
若い力でW杯8強なら上出来か。

欧州サッカーPRESS

悲願のワールドカップ初優勝から52年、イングランドは暗中模索の時代が半世紀以上続いている。この間、ワールドカップは1990年イタリア大会の4位が、ヨーロッパ選手権は'68年イタリア大会の3位が最高成績であり、大…続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/06/17

トルコ系ドイツ人のギュンドガン。自国サポのブーイングと“寛容性”。

欧州サッカーPRESS

トルコ系ドイツ人のギュンドガン。
自国サポのブーイングと“寛容性”。

巷はロシアワールドカップの話題で溢れている……と思っていたのですが、久しぶりに日本へ帰国してみると、何だか静かな雰囲気が… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/06/15

スペインが誇るマジシャン、イスコ。2度目の世界一へ魔法の杖を振るう。

欧州サッカーPRESS

スペインが誇るマジシャン、イスコ。
2度目の世界一へ魔法の杖を振るう。

そもそもなんの目的で、この地を訪れたのかさえ覚えていない。2002-03シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)決勝を取材す… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/06/14

ロシア連邦総領事館員が教える、W杯を迎える現地の本当のところ。

欧州サッカーPRESS

ロシア連邦総領事館員が教える、
W杯を迎える現地の本当のところ。

日本にとって、最も地理的に近いにもかかわらず、最も馴染みがないヨーロッパの国、それはロシアだ。今回、ロシアでW杯が開催さ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2018/06/11

ロシアの皇帝モストボイの今は……プルシェンコとアイスホッケー!?

欧州サッカーPRESS

ロシアの皇帝モストボイの今は……
プルシェンコとアイスホッケー!?

スペイン西部の港町ビーゴで、今も神様のように崇められているロシア人がいる。1996年から2004年までこの町のクラブ、セルタ・デ… 続きを読む

篠崎直也Naoya Shinozaki

2018/06/05

暴れ馬ルーニーは米国で甦るか?マンU最多得点、香川を生かした異才。

欧州サッカーPRESS

暴れ馬ルーニーは米国で甦るか?
マンU最多得点、香川を生かした異才。

綺麗な目をしているけれどヒール面。体型はずんぐりむっくりで、16歳の割には毛髪量が少ない。スーパースターの雰囲気は感じられ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/06/02

ジダン「我々人間は感情の生き物」最高の選手は最高の監督でもあった。

欧州サッカーPRESS

ジダン「我々人間は感情の生き物」
最高の選手は最高の監督でもあった。

青天の霹靂──。ジネディーヌ・ジダンが、前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を遂げた5日後にレアル・マドリーの指揮官… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/06/01

傑物クロップは「大統領にもなれる」。その言動がフットボールを輝かせる。

欧州サッカーPRESS

傑物クロップは「大統領にもなれる」。
その言動がフットボールを輝かせる。

「ミスター・クロップ、信じられないほど見事なシーズンでした。ありがとうございます。それはまさに英雄の叙事詩(エピック)の… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/06/01

ハンブルガーSVが史上初の2部降格。ブレーメンの音楽隊は、なぜ大喜び?

欧州サッカーPRESS

ハンブルガーSVが史上初の2部降格。
ブレーメンの音楽隊は、なぜ大喜び?

2017-18シーズンのドイツ・ブンデスリーガは、バイエルン・ミュンヘンが2位シャルケに勝点21差をつける圧巻の強さで、前人未到の… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/06/01

ジダンの微笑み方がちょっと怖い。悪魔のように、時に子供のように。

欧州サッカーPRESS

ジダンの微笑み方がちょっと怖い。
悪魔のように、時に子供のように。

アントニオ猪木とジャイアント馬場が、タッチライン際に並んで立っているようだった。動と静、対照的な2人。 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/05/31

今季最高の奇跡を起こした海外組。豊川雄太とマケレレ監督の信頼関係。

欧州サッカーPRESS

今季最高の奇跡を起こした海外組。
豊川雄太とマケレレ監督の信頼関係。

今季、欧州組の日本人選手で最もチームを救ったのは、ベルギーリーグ1部オイペンでプレーする豊川雄太だろう。 続きを読む

中田徹Toru Nakata

2018/05/25

インテルもラツィオも泣いた最終節。16年前に似たドラマのような死闘。

欧州サッカーPRESS

インテルもラツィオも泣いた最終節。
16年前に似たドラマのような死闘。

最後にこんなドラマが待っていようとは――。ラツィオが本拠地オリンピコにインテルを迎えたセリエA最終節(5月20日)は、シチュ… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/05/23

どこよりも早い来季プレミア展望。本命シティ対抗リバプール、他は?

欧州サッカーPRESS

どこよりも早い来季プレミア展望。
本命シティ対抗リバプール、他は?

ブライトンのクリス・ヒュートン監督が絶賛した。「リバプールは素晴らしいチームだ。マンチェスター・シティと優勝を争えるレベ… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/05/19

謙虚で照れ屋な元ブンデス得点王。マイアーはフランクフルトの神様。

欧州サッカーPRESS

謙虚で照れ屋な元ブンデス得点王。
マイアーはフランクフルトの神様。

皆さんは、「サッカーの神様」をご存知ですか? ジーコ? その通り。でも、鹿島アントラーズの礎を築いたジーコのことを「サッ… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/05/19

ネイマールがパリで王様になっても、ロナウジーニョほど愛されない理由。

欧州サッカーPRESS

ネイマールがパリで王様になっても、
ロナウジーニョほど愛されない理由。

2005年5月1日、アルバセーテ戦のアディショナルタイムだった。バルセロナのリオネル・メッシが、記念すべきプロ初ゴールを挙げた… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/05/17

この夏モウリーニョが切る選手は?マンUの補強策に妄想を膨らませる。

欧州サッカーPRESS

この夏モウリーニョが切る選手は?
マンUの補強策に妄想を膨らませる。

過去2シーズン、マンチェスター・ユナイテッドから何人かの主力、有望株が退団していった。チーム構成上、やむを得ず新天地を求… 続きを読む

粕谷秀樹Hideki Kasuya

2018/05/04

起用法を巡る騒動は世界でも日常的。騒動の主役がハリル、なのが寂しい。

欧州サッカーPRESS

起用法を巡る騒動は世界でも日常的。
騒動の主役がハリル、なのが寂しい。

物語のクライマックスを前に、パタリと本を閉じられてしまった気分なのだろう。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の日本代表を、ロ… 続きを読む

吉田治良Jiro Yoshida

2018/05/02

シャルケvs.ドルトは“ビール劇場”。ダービーの一体感と麦芽に酔う!

欧州サッカーPRESS

シャルケvs.ドルトは“ビール劇場”。
ダービーの一体感と麦芽に酔う!

ゲルゼンキルヘンでの“レビアダービー”に行ってみたかったのです。ドイツ西部のノルトライン・ベストファーレン州の中心、ルー… 続きを読む

島崎英純Hidezumi Shimazaki

2018/04/27

因縁の相手リバプールとのCL準決勝。ローマは“34年前の汚点”を消せるか。

欧州サッカーPRESS

因縁の相手リバプールとのCL準決勝。
ローマは“34年前の汚点”を消せるか。

ドイツ人のユルゲン・クロップは、どこまで知っているのだろうか。リバプールとローマの因縁の歴史を。34年前のPK戦がロマニスタ… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

2018/04/24

バイエルンは三冠でレアルは3連覇。CLで偉業狙う両雄、事実上の決勝か。

欧州サッカーPRESS

バイエルンは三冠でレアルは3連覇。
CLで偉業狙う両雄、事実上の決勝か。

イタリアの首都に轟いた咆哮、無敵に見えたマンチェスター・シティの連敗、そしてジャンルイジ・ブッフォンの哀しすぎる最期──… 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

2018/04/24

1 2 3 4 5 8 NEXT >>

ページトップ