Number ExBACK NUMBER

世代交代を約束した“誓いのパス回し”。
ロンドン五輪世代のブラジルW杯秘話。

posted2016/09/09 14:00

 
世代交代を約束した“誓いのパス回し”。ロンドン五輪世代のブラジルW杯秘話。<Number Web> photograph by Koki Nagahama/JMPA

2014年、ブラジルW杯での日本代表の合宿地イトゥの練習場での齋藤、山口、酒井(宏)。彼らが行動で示した「誓い」が初めて明かされる。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Koki Nagahama/JMPA

 抜けるような青空だった。

 2014年6月25日、ブラジル・イトゥにある日本代表のベースキャンプ地は静かな朝を迎えていた。前日、コロンビアに大敗を喫してザックジャパンの戦いが終わり、クイアバから夜に移動してきたチームの疲れを癒すように、陽が優しく降り注いでいた。

 グループリーグ敗退が決まったチームに、トレーニングは予定されていなかった。

 朝10時ごろ、誰もいるはずのないピッチに1人、2人と選手が集まってくる。ボールを蹴る乾いた音と、人の声が次第に大きくなっていく。

 清武弘嗣、山口蛍、権田修一、酒井高徳、酒井宏樹、齋藤学、そしてトレーニングパートナーの坂井大将、杉森考起。

 前者の6人にはロンドン五輪世代という共通項があった。清武はコロンビア戦で最後の5分間出場したのみで、山口は3試合に出場しながらもチームを勝利に導けなかった。権田、酒井高、酒井宏、齋藤たちはピッチに立つことさえなかった。

 苦く、悔しく。

 誰かが言い出したわけではない。ほろ苦い味を反骨心に変えるべく彼らは自然発生的に「やろうぜ」と集まり、そして鬼を入れてのパス回しが始まったのだ。遊びではなく、「ガチ」で――。

 午後に代表チームは解散し、最後のメディア対応で清武は毅然と言った。

「次は、自分たちの世代が中心でやっていくしかない。もう4年後のスタートは切っている」

 それは、彼らにとっては特別な意味をもつ日になった。

“誓いのパス回し”の1人、酒井宏樹の記憶。

 あれから2年が経った。

 誓いのパス回しに加わった1人、酒井宏樹は4シーズン過ごしたハノーファーを離れ、マルセイユに移った。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督のもと、先発の機会を増やしている。

 今も「ブラジル最後の日」は胸にあった。

「負けてしまったショックと、試合に絡めなかった悔しさ。試合に出ていた選手は頭も体もヘトヘトだったと思うけど、出ていない僕は頭の疲れだけだったので体を動かしてすっきりしたいっていう気持ちがどこかにあって……だからグラウンドに出よう、と」

【次ページ】 「今の環境に僕らがあるのも上の世代のおかげだけど」

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
齋藤学
山口蛍
酒井宏樹
本田圭佑
香川真司
岡崎慎司
清武弘嗣
権田修一
酒井高徳
ヴァイッド・ハリルホジッチ
アルベルト・ザッケローニ
ブラジルW杯
ロシアW杯

ページトップ