月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

プチ鹿島、5月のスポーツ新聞時評。
プロ野球も都政もコリゴリジョン!?

posted2016/05/31 11:00

 
6月1日から始まる交流戦……もとい、都議会が、舛添都知事の試合のフィールドとなる。

6月1日から始まる交流戦……もとい、都議会が、舛添都知事の試合のフィールドとなる。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 なんと言っても今月はプロ野球のコリジョンルール(衝突回避ルール)だろう。

 簡単にいうと「本塁での危険なクロスプレー禁止」のこと。捕手はブロックしてはいけない、走者はタックルしてはいけない新ルール。

 高給取りに怪我されたらたまらないというメジャーのオーナーの意向ではじまったという。今年から日本にも導入された。

 適用1号が5月6日の西武日本ハム戦。「初コリジョンでハム勝ち アウト一転ビデオ判定でセーフに!」(サンスポ・5月7日)

 そして5月11日の阪神-巨人戦は揉めに揉めた。阪神の捕手・原口はベース上を空けてタッチ。余裕のアウトにみえたが「走路をふさいだ」として判定はセーフに覆ったのである。翌日のスポーツ新聞は大騒ぎ。

「金本監督激怒 高代ヘッド『判定が幼稚すぎ』」(スポニチ)
「激怒混乱コリジョン 金本 野球がダメになる」(デイリー)

 この日の試合は“村山実デー(永久欠番デー11)”としておこなわれたこともあり、こんな見出しも。

「永久欠番『11』デー 村山大先輩 日本のプロ野球は変わりました」(日刊スポーツ)

 コリジョンルールと言えば、昨年まで阪神に在籍したマートンを思い出す。捕手へ激しいタックルをするマートンがいなくなったのに、今回は普通のプレーでコリジョン適用されてしまった阪神。

 これは「マートンの呪い」なのか?

コリジョンルールに振り回された高橋監督。

 しかしもっと重大な事実に気づいてしまった。この日の判定が功を奏し試合に勝って首位に立った巨人。サンスポは「コリジョンで奪首 由伸巨人」。

 巨人は4連勝で東北シリーズに向かう。

 この地で悪夢が待っていたのである。

 17日の山形での試合、DeNA・倉本がホーム付近を忍者のようにかいくぐりセーフとなった。コリジョンルールで走路を空ければ追いタッチとなる。捕手と走者の追いかけごっこが発生しやすくなる。

「由伸 5連勝逃げられた 忍者負け」(スポーツ報知・5月18日)

【次ページ】 コリジョンに笑い、コリジョンに泣いた巨人。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ