詳説日本野球研究BACK NUMBER

今年もパ・リーグが一枚上手か。
各球団の2014年ドラフトを完全評価! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2014/10/24 11:55

今年もパ・リーグが一枚上手か。各球団の2014年ドラフトを完全評価!<Number Web> photograph by Kyodo News

最多の4球団が競合した早稲田大学の有原航平は、日本ハムが交渉権を獲得した。「その年1番の選手を指名する」というスタイルは健在だ。

 10月23日に行なわれたドラフト会議で、81人が指名され、交渉球団が決まった。

 投手46人、捕手7人、内野手18人、外野手10人という内訳で、指名はおおむね順調だった。その中でもいい指名をしたと思われるのが日本ハム、楽天、阪神だ。

 日本ハムは4球団競合の末、抽選で有原航平(早大・投手)の指名権を得たことが大きい。最速156kmのストレートに加え、正確なコントロール、チェンジアップ、スライダーのキレ味を備え、1年目からローテーションに入って10勝近く勝てる力を持っている。

 大谷翔平(20歳)、上沢直之(20歳早生まれ)、浦野博司(25歳)、中村勝(23歳)、鍵谷陽平(24歳)、白村明弘(23歳)、さらに26歳の吉川光夫まで含めて主力投手が若いチームにあって、完成度と将来性を兼ね備えた有原が入ってくる。大げさでなく、わくわくするような陣容になりそうだ。

 2位以下でも、外れ1位の予想が一部にあった清水優心(九州国際大付・捕手)、浅間大基(横浜・外野手)を2、3位で指名し、将来への備えも万全。下位では4位石川直也(山形中央・投手)、6位立田将太(大和広陵・投手)、7位高浜祐仁(横浜・遊撃手)と前評判の高い大器を指名し、5位の左腕・瀬川隼郎(室蘭シャークス・投手)は宮西尚生のFA移籍に備えた指名で、即戦力にも目配りができている。

楽天の安楽智大は、復活すれば田中将大級。

 楽天も1回目の1位入札で安楽智大(済美・投手)をヤクルトと競合、抽選の末に交渉権を獲得した。ストレートの最速は157km、これを高校2年時に計測した素質は破格である。右ヒジの故障で昨年秋以降の1年間は万全でないが、高校生に即戦力の活躍を見込むのがそもそもの間違い。2年後の大活躍をめざして治療・リハビリに努めてほしい。復活すれば田中将大(ヤンキース)級の活躍が見込める素材だ。

 2位の小野郁(西日本短大付・投手)も素質豊かな右腕である。176cmと上背はないが、少し力を入れて投げれば楽に140km台後半を計測する馬力の強さは則本昂大(楽天)に似ている。体重が67kgと少なくウエイトトレーニングの痕跡がないので、これが70kg台後半になったら本格化への第一歩のサインだと思っている。

【次ページ】 2度抽選で敗れた阪神だが、全体的には○。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
福岡ソフトバンクホークス
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
オリックス・バファローズ
横浜DeNAベイスターズ
中日ドラゴンズ
東京ヤクルトスワローズ
埼玉西武ライオンズ
広島東洋カープ
有原航平
安楽智大
横山雄哉
松本裕樹
岡本和真
中村奨吾
高橋光成
山崎康晃
山崎福也
野間峻祥
野村亮介
竹下真吾

ページトップ