プロ野球亭日乗BACK NUMBER

日本シリーズに必要な“継投力”。
阪神の「呉昇桓の前」はつながるか。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/24 16:30

日本シリーズに必要な“継投力”。阪神の「呉昇桓の前」はつながるか。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

シーズンの防御率1.76、39セーブと圧倒的な成績を残した呉昇桓。その前を担う中継ぎ、セットアッパーの役目は重大だ。

 メジャーリーグのポストシーズンは、ロイヤルズ旋風が吹き荒れている。

 ア・リーグ中地区の2位からワンデープレイオフを勝ち上がったカンザスシティー・ロイヤルズにとって、ポストシーズン進出は29年ぶりの快挙だった。

 そのダークホースが地区シリーズで、まずはレギュラーシーズン最高勝率を誇ったロサンゼルス・エンゼルスを3連勝で下してスイープ。さらにリーグ優勝シリーズでもシーズン211本塁打と圧倒的な打力でア・リーグ東地区を制したボルチモア・オリオールズを、これまたスイープの4連勝で下し、一気にワールドシリーズへと名乗りを上げた。

 そして現在はナ・リーグの覇者、サンフランシスコ・ジャイアンツとのワイルドカード対決を戦っている真っ最中。22日(日本時間23日)の第2戦を7-2で圧勝して、対戦成績を1勝1敗のタイに持ち込んでいる。

ロイヤルズを支える、3人の160km投手。

「ウチはガンガンホームランを打って得点して行くチームではない」

 ネッド・ヨスト監督が語るように、今年のロイヤルズの特長は、青木宣親外野手を含めて、鋭い打球で野手の間を抜き、機動力を使って挙げた得点を、継投で守り抜くのが基本パターン。その野球を支えているのが、中継ぎのケルヴィン・ヘレラ、ウェイド・デービスにクローザーのグレッグ・ホランドという3人の強力リリーフ陣なのである。

 この3投手はいずれもストレートが100マイル(160km)超のパワーピッチャー。ロイヤルズはポストシーズンで、ほぼ全試合にこの3人を投入して終盤の接戦を制して勝ち上がってきた。22日の第2戦でも、同点の6回途中で先発のヨーダノ・ベンチュラ投手から継投にスイッチしてピンチを切り抜けると、直後に5得点して試合を決めている。

 終盤の継投を制することが、どれだけ優位に試合を進めることにつながるのか。ロイヤルズの躍進は、短期決戦のこの鉄則を改めて示したわけである。

【次ページ】 日本シリーズの行方を左右する、阪神の呉昇桓。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
阪神タイガース
福岡ソフトバンクホークス
原辰徳
秋山幸二
呉昇桓
安藤優也
松田遼馬
高宮和也

ページトップ