Jをめぐる冒険BACK NUMBER

FC東京・武藤嘉紀と川崎・谷口彰悟。
アギーレ監督に推したい2人のJ選手。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/08/15 11:00

FC東京・武藤嘉紀と川崎・谷口彰悟。アギーレ監督に推したい2人のJ選手。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

慶應大在学中は1年からエースとして活躍した武藤嘉紀。FC東京の新人で、開幕戦に先発したのは2008年の長友佑都以来だった。

 今から気になって仕方がない。9月5日、札幌ドームのピッチに立っているのは、誰なのか――。日本代表の新監督、ハビエル・アギーレの初陣となるウルグアイ戦のことだ。

 個人的には、旬な国内組によるフレッシュな日本代表が見たい。いや、ブラジルW杯に出場した欧州組の面々はもう、お役御免だと言いたいわけではない。彼らの力は日本代表にもちろん必要だ。

 そうではなくて、親善試合のたびに日本へ呼び戻すのは止めませんか、ということだ。シーズン中に欧州と日本を何度も往復すれば、コンディションを保つのが難しく、クラブでのポジション争いに影響を及ぼしかねない。

 アギーレ監督は「長旅は障害にはならない」と語ったが、おいそれと頷くわけにはいかない。内田篤人もそれに苦しみ、代表から引退するかどうか思い悩んだというからだ。

 しかも9月といえば、欧州の各国リーグが開幕したばかり。本田圭佑や香川真司のように、クラブにおける立場をまだ確立できていない選手もいる。今はクラブに専念させたほうがいいと思うのだ。

4年間滞っていた世代交代を一気に進めるチャンス。

 それに、ウルグアイ戦まであと半月ちょっと。その間Jリーグは視察できても、欧州組のプレーは生では見られない。初陣なんだから、映像に頼るのではなくなるべく実際のプレーを自分の目で確かめて、選手を選んでもらいたい。

 日本代表はこの4年間、レギュラー組の顔ぶれがほとんど変わらず、世代交代が滞っている状態でもある。だったらなおさら、前任者のチームを引き継ぐのではなく、刷新してみるのはどうか。8年前のドイツW杯のあとに、当時のイビチャ・オシム日本代表監督がそうしたように――。

 来年1月にアジアカップが控えているのは承知のうえで、国内組の抜擢を推すのは、試してみたら面白いと思わせるタレントが、ガンバ大阪の宇佐美貴史、鹿島アントラーズの柴崎岳らを筆頭に、今のJリーグには目白押しだからだ。

【次ページ】 中でも成長著しい、2人の選手。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
FC東京
武藤嘉紀
谷口彰悟
ハビエル・アギーレ
風間八宏
川崎フロンターレ

ページトップ