風間八宏 スポーツ名言

風間八宏 

42件中 1 - 20件を表示
谷口彰悟と車屋紳太郎はずっと一緒。幼稚園、高校、大学、川崎、代表。

“ユース教授”のサッカージャーナル

谷口彰悟と車屋紳太郎はずっと一緒。
幼稚園、高校、大学、川崎、代表。

谷口彰悟と車屋紳太郎。東アジアE-1サッカー選手権の初戦となった北朝鮮戦において、2人は右CBと左サイドバックとしてDFラインを… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/12/12

川崎優勝を象徴する最後の5点目。「甘い」と言われても貫いた攻撃姿勢。

JリーグPRESS

川崎優勝を象徴する最後の5点目。
「甘い」と言われても貫いた攻撃姿勢。

初戴冠の瞬間は、表示されていたアディショナルタイムの5分が過ぎたときに訪れた。スコアは4-0。勝敗はすでに決していたが、それ… 続きを読む

いしかわごうGo Ishikawa

2017/12/04

川崎・車屋紳太郎「去年は何かが」風間仕込みの技術、鬼木仕込みの執念。

サムライブルーの原材料

川崎・車屋紳太郎「去年は何かが」
風間仕込みの技術、鬼木仕込みの執念。

その左足は、勝負をあきらめない。豪雨によって水たまりがピッチに点在した10月29日の柏レイソルvs.川崎フロンターレ戦。1-2で… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/11/04

攻撃だけでなく球際でも魅了せよ。風間体制後の川崎、鬼木監督の要求。

JリーグPRESS

攻撃だけでなく球際でも魅了せよ。
風間体制後の川崎、鬼木監督の要求。

川崎フロンターレが好調だ。第17節でヴィッセル神戸に5-0で完勝すると、ACLの前哨戦とも目された浦和レッズ戦も4-1で圧勝。続… 続きを読む

いしかわごうGo Ishikawa

2017/07/12

風間サッカーの代名詞は何が目的?名古屋のパスワークに潜む違和感。

話が終わったらボールを蹴ろう

風間サッカーの代名詞は何が目的?
名古屋のパスワークに潜む違和感。

J2の首位に立ち、J1昇格争いをリードする名古屋グランパス。下馬評通り圧倒的な強さを見せつけての快走かと思いきや、試合を見て… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/06/02

ついに名古屋vs.岐阜が雌雄を決する!?J2「名岐ダービー」という痺れる対戦。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ついに名古屋vs.岐阜が雌雄を決する!?
J2「名岐ダービー」という痺れる対戦。

筆者は岐阜県出身である。高校まで岐阜県で育ち、岐阜という地域に対する愛着はことのほか深い。3月4日のJ2第2節において、名古… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/03/09

川崎に縁遠かった“勝負強さ”が!?攻撃が未完成でも勝利した開幕戦。

話が終わったらボールを蹴ろう

川崎に縁遠かった“勝負強さ”が!?
攻撃が未完成でも勝利した開幕戦。

J1リーグ開幕戦、川崎フロンターレが昨年と違った“顔”を見せてくれた。内容的に一方的に攻めまくる川崎「らしさ」はあまりなか… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/02/28

待ち望んでいた風間監督との出会い。佐藤寿人は第2の憲剛、嘉人になる。

話が終わったらボールを蹴ろう

待ち望んでいた風間監督との出会い。
佐藤寿人は第2の憲剛、嘉人になる。

昨シーズン、J2に降格した名古屋グランパス。20名の選手がチームを去り、逆に18名の選手が新加入してきた。風間八宏新監督の下、… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2017/02/14

川崎はポジションの概念すら“壊す”。「DF田坂」は一見奇策、実はロジカル。

Jをめぐる冒険

川崎はポジションの概念すら“壊す”。
「DF田坂」は一見奇策、実はロジカル。

一見、奇策のようで、実は理にかなったものだった。セカンドステージ、年間順位ともに最下位に沈むアビスパ福岡を等々力陸上競技… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/09/14

ドリブルを、こだわりではなく武器に。川崎・登里享平が捨てた固定観念。

“ユース教授”のサッカージャーナル

ドリブルを、こだわりではなく武器に。
川崎・登里享平が捨てた固定観念。

5月14日、J1リーグファーストステージ第12節・川崎vs.神戸。川崎は前半に先制点を許すが、後半に入りエース大久保嘉人の2ゴール… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/05/16

風間体制5年目でついに化けた!?川崎フロンターレ、快進撃の秘密。

Jをめぐる冒険

風間体制5年目でついに化けた!?
川崎フロンターレ、快進撃の秘密。

最後に首位に立ったのは2009年だったから、実に7シーズンぶりのことになる。J1ファーストステージ第3節を終えた時点で2勝1分の勝… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/03/16

球際を、強さではなくうまさで制す。本田が柴崎に求める世界への“慣れ”。

フットボール“新語録”

球際を、強さではなくうまさで制す。
本田が柴崎に求める世界への“慣れ”。

体と体のぶつかり合いを好むパワフルな相手を、日本は苦手とする――。10月13日のイラン戦で、あらためてその課題が突きつけられ… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2015/10/21

良いポゼッションにはコツがある!風間八宏が説明する2つのポイント。

フットボール“新語録”

良いポゼッションにはコツがある!
風間八宏が説明する2つのポイント。

ポゼッションには「良いポゼッション」と「悪いポゼッション」がある――。日本代表のW杯予選を見たことがある人間であれば、誰… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2015/09/26

“スタンダード”が揺らぐ川崎の苦悩。何故パスはつながらなくなったのか。

Jをめぐる冒険

“スタンダード”が揺らぐ川崎の苦悩。
何故パスはつながらなくなったのか。

いるはずの男が、そこにいなかった。 6月7日の川崎フロンターレ対湘南ベルマーレ戦。先頭を切って入場してきたのは、腕章を巻い… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2015/06/15

鳥栖、ただいま空中戦依存を治療中。川崎を地上で制圧も、結果は伴わず。

JリーグPRESS

鳥栖、ただいま空中戦依存を治療中。
川崎を地上で制圧も、結果は伴わず。

できる限りポゼッションを。ロングボールを蹴りこんでいこう。J1第13節・川崎フロンターレvs.サガン鳥栖戦の試合前、それぞれの… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2015/05/25

等々力最多の観客が求めたものは?川崎と浦和の“殴り合わない”選択。

JリーグPRESS

等々力最多の観客が求めたものは?
川崎と浦和の“殴り合わない”選択。

膠着した展開? いつもと違うな……。ハーフタイム時の正直な胸の内を書くと、こうだ。12日に行なわれたJリーグファーストステ… 続きを読む

茂野聡士Satoshi Shigeno

2015/04/13

開幕戦勝利に満足せず。川崎・風間監督の着目点。~華麗な攻撃の中にある“ミス”~

SCORE CARD

開幕戦勝利に満足せず。川崎・風間監督の着目点。
~華麗な攻撃の中にある“ミス”~

2ステージ&ポストシーズン制となった2015年シーズンのJ1が開幕した。開幕節9カードの合計得点は30ゴール。18チーム制になった’… 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2015/03/21

新データシステムでわかるJの真実。原付より速い永井、走り上手の憲剛。

JリーグPRESS

新データシステムでわかるJの真実。
原付より速い永井、走り上手の憲剛。

Jリーガーは、原付バイク(法定速度を守ったとして)より速いんです。そんな馬鹿なと思う方は、Jリーグの公式サイトをご覧あれ。… 続きを読む

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

2015/03/09

中村憲剛「カンプノウみたい」。迫力と便利が両立の新等々力競技場。

Jをめぐる冒険

中村憲剛「カンプノウみたい」。
迫力と便利が両立の新等々力競技場。

2月21日に行なわれた川崎フロンターレ対アルビレックス新潟の練習試合に7195人もの来場者があったのは、開幕が待ち遠しかったり… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2015/02/27

<新時代を占う3つのキーワード> 風間八宏解説 「ドリブル力の台頭、ボランチ消失、ペップイズムの進化」

Sports Graphic Number

<新時代を占う3つのキーワード> 風間八宏解説 「ドリブル力の台頭、ボランチ消失、ペップイズムの進化」

少しずつ起き始めていた戦術の変化は、W杯を経て決定的になった。ひとつの手法ではなく、幾つも答えが考えられる「戦術戦国時代… 続きを読む

木崎伸也Shinya Kizaki

2014/08/29

1 2 3 NEXT >>

ページトップ