Jをめぐる冒険 

結局、鹿島と何が違うのだろうか。浦和の「勝負強さ」問題はまだ続く。

結局、鹿島と何が違うのだろうか。
浦和の「勝負強さ」問題はまだ続く。

Jをめぐる冒険

どんなトレーニングでも妥協せず、厳しく取り組む姿勢が、目に見える結果になって表れたとき、人はそれを「勝負強さ」と呼ぶのかもしれない。続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/09/22

まず守備、そして「KLM」再結成。浦和・堀新監督のバランス改善策。

Jをめぐる冒険

まず守備、そして「KLM」再結成。
浦和・堀新監督のバランス改善策。

セカンドステップに入った――。そう言ってもいいかもしれない。7月30日から浦和レッズの指揮を執る堀孝史新監督のチーム作りだ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/08/22

関根貴大、敬愛する原口元気に続く。ドイツでも走り、仕掛け、決めろ!

Jをめぐる冒険

関根貴大、敬愛する原口元気に続く。
ドイツでも走り、仕掛け、決めろ!

念願の海外移籍。それも2部とはいえ、敬愛する原口元気もプレーするドイツへの移籍。しかし当の本人に笑顔はなく、言葉数も決し… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/08/10

浦和が陥った疑念と負のスパイラル。ペトロヴィッチ監督解任と、今後。

Jをめぐる冒険

浦和が陥った疑念と負のスパイラル。
ペトロヴィッチ監督解任と、今後。

「監督は就任した瞬間から退任へのカウントダウンが始まっている」そう言ったのは誰だったか。今季のJ1の監督人事は、その言葉の… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/08/04

柿谷曜一朗って実は面倒見の男?“大人”になってC大阪の安定剤に。

Jをめぐる冒険

柿谷曜一朗って実は面倒見の男?
“大人”になってC大阪の安定剤に。

うだるような暑さのなか、大阪のサクラが満開だ。3年ぶりに復帰したJ1で、セレッソ大阪が快進撃を演じている。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/07/28

浦和を陥れた最下位・大宮の超対策。布陣を変え、キャプテンを変え……。

Jをめぐる冒険

浦和を陥れた最下位・大宮の超対策。
布陣を変え、キャプテンを変え……。

周到な準備ができたわけではなかった。4日前にルヴァンカップがあったため、対策に充てられた日数は、わずか1日――。その限られ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/05/02

明神の隣で学び、石崎に鍛えられ。大谷秀和が刻んだ柏での300試合。

Jをめぐる冒険

明神の隣で学び、石崎に鍛えられ。
大谷秀和が刻んだ柏での300試合。

キックオフの数分前、オーロラビジョンに映し出されたのは、ひとりの選手のプロ入りからこれまでの足跡だった。今から14年前の柏… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/04/15

代表のためにスタイルは変えない。西川周作は浦和式でつなぎ続ける。

Jをめぐる冒険

代表のためにスタイルは変えない。
西川周作は浦和式でつなぎ続ける。

スターティングラインナップには、ちょっとした異変が起きていた。3月23日に行われたロシアW杯アジア最終予選。アウェーのUAE戦… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/04/07

東京ドロンパが「I have a OKUBO」。多摩川クラシコは、嘉人を巡る戦い。

Jをめぐる冒険

東京ドロンパが「I have a OKUBO」。
多摩川クラシコは、嘉人を巡る戦い。

3月4日のJ1第2節、FC東京vs.大宮アルディージャ戦の試合後、味の素スタジアム場内から流れてきたのは、ピコ太郎の「PPAP」だった… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/03/17

俊輔が空けて、誰がそこを使うのか。ジュビロの「話し合い」が始まった。

Jをめぐる冒険

俊輔が空けて、誰がそこを使うのか。
ジュビロの「話し合い」が始まった。

そこを、誰が、使うのか――。しばらくの間、これが中村俊輔を迎え入れた“名波ジュビロ”のテーマになりそうだ。「そこ」とは俊… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/03/02

何もかもが対照的だったゼロックス杯。鹿島と浦和は大事にする要素が真逆!

Jをめぐる冒険

何もかもが対照的だったゼロックス杯。
鹿島と浦和は大事にする要素が真逆!

ジョゼップ・グアルディオラのマンチェスター・シティとジョゼ・モウリーニョのチェルシー、あるいは、ユルゲン・クロップのドル… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/02/20

大久保が前線から、林が後ろから。2人が問題視するFC東京の「甘さ」。

Jをめぐる冒険

大久保が前線から、林が後ろから。
2人が問題視するFC東京の「甘さ」。

それは、異例の挨拶だった。昨シーズンのホーム最終戦、ベガルタ仙台を1-0で下したあとのセレモニーでFC東京のキャプテン、森重… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/02/07

槙野智章が語る、成長と失意の1年。CWC、肉体改造、そしてあのPK――。

Jをめぐる冒険

槙野智章が語る、成長と失意の1年。
CWC、肉体改造、そしてあのPK――。

ルヴァンカップで戴冠し、セカンドステージも制した。年間勝点で1位に立って、年間最少失点の勲章も手に入れた。それなのに、最… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/01/20

レアル相手に「2位も最下位も一緒」。あの30分が、鹿島をさらに強くする。

Jをめぐる冒険

レアル相手に「2位も最下位も一緒」。
あの30分が、鹿島をさらに強くする。

レアル・マドリーが土俵際まで追い込まれていた。公式戦36試合無敗中のヨーロッパチャンピオンが怒涛のアタックを浴び、たじたじ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/12/19

鹿島、「理想のサイクル」の証明。タブーなき積極采配と勝利への渇望。

Jをめぐる冒険

鹿島、「理想のサイクル」の証明。
タブーなき積極采配と勝利への渇望。

鹿島アントラーズのキャプテン、小笠原満男の表情には、やはり笑みがなかった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/12/05

浦和が敷いた珍しい守備隊形の理由。美学よりも、相手が嫌がることを。

Jをめぐる冒険

浦和が敷いた珍しい守備隊形の理由。
美学よりも、相手が嫌がることを。

浦和レッズの“握力”が強まっている。一発勝負の大一番で勝利をがっちりと掴み取る“握力”だ。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/11/30

岩政大樹が岡山に持ち込んだ鹿島流。勝利の秘訣は「まだ言いませんよ」。

Jをめぐる冒険

岩政大樹が岡山に持ち込んだ鹿島流。
勝利の秘訣は「まだ言いませんよ」。

1-1で迎えた後半のロスタイム、松本山雅はセオリーどおり、ファジアーノ岡山のパワープレーをほとんど完璧に跳ね返していた。だ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/11/29

鹿島の勝負強さの源は「思い込み」?選手が語った単純すぎる理由とは。

Jをめぐる冒険

鹿島の勝負強さの源は「思い込み」?
選手が語った単純すぎる理由とは。

金崎夢生のヘディングによるゴールで均衡が崩れたあとの約40分は、それ以前に増して見ごたえのある攻防が繰り広げられた。ピッチ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/11/24

降格危機が磐田から奪った「強気」。まず走れ、そこから全てが生まれる。

Jをめぐる冒険

降格危機が磐田から奪った「強気」。
まず走れ、そこから全てが生まれる。

記者席の位置がアウェー寄りだったことを差し引いても、どちらのホームゲームなのか分からないほど、アウェーサポーターの発する… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/11/02

森脇、柏木、阿部それぞれの喜び方。浦和の9年ぶりのタイトルに思う事。

Jをめぐる冒険

森脇、柏木、阿部それぞれの喜び方。
浦和の9年ぶりのタイトルに思う事。

浦和レッズの5人目のキッカー、遠藤航のPKが決まった瞬間、ピッチの上ではさまざまな想いが交錯していた。ベンチの前でPK戦の行… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/10/18

1 2 3 4 5 NEXT >>

ページトップ