FC東京 関連コラム

FC東京 

80件中 1 - 20件を表示
高萩洋次郎が味わった敗北感と情熱。「このままじゃ代表では戦えない」

ミックスゾーンの行間

高萩洋次郎が味わった敗北感と情熱。
「このままじゃ代表では戦えない」

灼熱のサウジアラビアでの戦い。その30時間後、朝の東京・小平のグラウンドに、高萩洋次郎がいた。時差と長旅移動も何のその。前… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/09/09

3泊5日で2試合の超強行日程は……。FC東京の欧州遠征に選手からも不満が。

JリーグPRESS

3泊5日で2試合の超強行日程は……。
FC東京の欧州遠征に選手からも不満が。

欧州サッカーにとって始動の時期となる7月。今年はドルトムント、セビージャが来日し、Jクラブと対戦した。 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

2017/07/30

3度の大ケガ、リハビリ、引退危機。FC東京・米本拓司、絶望からの帰還。

サムライブルーの原材料

3度の大ケガ、リハビリ、引退危機。
FC東京・米本拓司、絶望からの帰還。

倒れたら、起き上がる。プレースタイルも、そしてサッカー人生も。それがFC東京の背番号「7」を背負う米本拓司である。 続きを読む

二宮寿朗Toshio Ninomiya

2017/07/18

今年のJ1優勝をデータで見てみると?鹿島の法則、2位セレッソの命運は。

JリーグPRESS

今年のJ1優勝をデータで見てみると?
鹿島の法則、2位セレッソの命運は。

2017年のJリーグ王者は、鹿島アントラーズかもしれない。シーズンは前半戦を終えたところだが、見逃せないデータがあるのだ。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/07/08

U-20のGK山口瑠伊って、誰?日仏での文武両道サッカー人生。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20のGK山口瑠伊って、誰?
日仏での文武両道サッカー人生。

5月21日にU-20W杯の初戦・南アフリカ戦を迎えるU-20日本代表。選ばれし21名のメンバーは多士済々と言えるが、1人だけ「この選手… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/05/21

久保建英がJ1でも「できること」。なぜ彼は自分を見失わないのか。

サッカー日本代表PRESS

久保建英がJ1でも「できること」。
なぜ彼は自分を見失わないのか。

FCバルセロナが認めたメイド・イン・ジャパンの才能が、いよいよ世界デビューを果たす。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2017/05/09

久保建英は同世代の強烈な刺激に。平川怜、監物拓歩らが見せた競争心。

“ユース教授”のサッカージャーナル

久保建英は同世代の強烈な刺激に。
平川怜、監物拓歩らが見せた競争心。

4月8日に開幕したユース年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯プレミアリーグ。イーストの開幕戦は味の素スタジアム西競技場で、2日間… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/04/12

権田修一、味スタで流した涙の裏側。「あのピッチに立つことが怖かった」

ミックスゾーンの行間

権田修一、味スタで流した涙の裏側。
「あのピッチに立つことが怖かった」

人生で初めての九州暮らし。自宅から車を走らせると、サガン鳥栖の練習場に掲げられたエンブレムが目に飛び込んでくる。「なんか… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/04/06

もう高萩洋次郎は“10番”ではない。韓国仕込みの球際で代表に帰還。

ミックスゾーンの行間

もう高萩洋次郎は“10番”ではない。
韓国仕込みの球際で代表に帰還。

人の印象やイメージは、時に当てにならない。そう感じさせられた選手である。高萩洋次郎。先週発表された日本代表メンバーに、約… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/03/23

東京ドロンパが「I have a OKUBO」。多摩川クラシコは、嘉人を巡る戦い。

Jをめぐる冒険

東京ドロンパが「I have a OKUBO」。
多摩川クラシコは、嘉人を巡る戦い。

3月4日のJ1第2節、FC東京vs.大宮アルディージャ戦の試合後、味の素スタジアム場内から流れてきたのは、ピコ太郎の「PPAP」だった… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/03/17

NumberWeb版2017年J1順位予想!2強を追う存在、残留争いはどこ?

JリーグPRESS

NumberWeb版2017年J1順位予想!
2強を追う存在、残留争いはどこ?

いよいよ開幕が近づいてきた2017年のJリーグ。優勝賞金の増額など大変革がもたらされるシーズンとなります。積極的な補強に打っ… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2017/02/24

得点王より、代表より、W杯よりも。大久保「もうタイトルしかないんよ」

JリーグPRESS

得点王より、代表より、W杯よりも。
大久保「もうタイトルしかないんよ」

13日に都内で行われた、Jリーグ開幕前のイベント。その翌日の紙面を賑わせたのも、やはりこの男だった。「大久保、堂々得点王&V… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/02/17

大久保が前線から、林が後ろから。2人が問題視するFC東京の「甘さ」。

Jをめぐる冒険

大久保が前線から、林が後ろから。
2人が問題視するFC東京の「甘さ」。

それは、異例の挨拶だった。昨シーズンのホーム最終戦、ベガルタ仙台を1-0で下したあとのセレモニーでFC東京のキャプテン、森重… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2017/02/07

身長が低くてもGKはやれる――。青森山田、廣末陸とコーチの物語。

“ユース教授”のサッカージャーナル

身長が低くてもGKはやれる――。
青森山田、廣末陸とコーチの物語。

「大久保さんがいなかったら、今の僕はいないと思います」悲願の選手権初優勝を果たした青森山田のGK廣末陸は、青森での3年間を… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2017/01/15

なぜ太田宏介はFC東京に復帰したか。「僕の左足を一番必要としてくれた」

JリーグPRESS

なぜ太田宏介はFC東京に復帰したか。
「僕の左足を一番必要としてくれた」

たった1年での、日本帰還。オランダのフィテッセでプレーしていた日本代表DF太田宏介が、今冬古巣のFC東京に復帰することになっ… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2017/01/13

FC東京、何も得られなかった1年間。森重が語った「選手だけでなく……」。

JリーグPRESS

FC東京、何も得られなかった1年間。
森重が語った「選手だけでなく……」。

2016年2月9日、ACLプレーオフ・チョンブリ(タイ)戦。今季のFC東京は、Jクラブの中で真っ先に公式戦開幕を迎えたクラブだった。… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2016/12/29

青森山田は毎試合バス移動10時間。プレミアイースト優勝はハングリー故?

“ユース教授”のサッカージャーナル

青森山田は毎試合バス移動10時間。
プレミアイースト優勝はハングリー故?

片道8~11時間。往復で16~22時間。彼らはリーグ期間中の8カ月間、この長い旅路をバスで移動してやって来る。そして、ユース年代… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

2016/12/12

「ガムシャラさ」によりかからない。状況判断こそが久保建英の特別さ。

JリーグPRESS

「ガムシャラさ」によりかからない。
状況判断こそが久保建英の特別さ。

衝撃的なデビューを飾ることはできなかった。それでも、久保建英は確かに「違い」を見せつけた。 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

2016/11/07

不慣れなお立ち台と、堂々たるプレー。FC東京は室屋成の復帰を待っていた。

Jをめぐる冒険

不慣れなお立ち台と、堂々たるプレー。
FC東京は室屋成の復帰を待っていた。

プロになって初のヒーローインタビューだったにもかかわらず、ずいぶん落ち着いていて、堂々としているように見えた。今季、FC東… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

2016/07/13

武藤嘉紀「俺、ここから大爆発だから」古巣の練習場で溢れ出た言葉と思い。

欧州サッカーPRESS

武藤嘉紀「俺、ここから大爆発だから」
古巣の練習場で溢れ出た言葉と思い。

思いがこぼれ出すとは、こういうことなのだろう。こちらが多くを投げかけたわけではない。まさに、独白。その言葉を、包み隠さず… 続きを読む

西川結城Yuki Nishikawa

2016/06/13

1 2 3 4 NEXT >>

ページトップ