野球善哉BACK NUMBER

2番打者は「つなぎ」だけではない!?
広島・丸、オリックス・川端らの役割。  

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/04/08 12:20

2番打者は「つなぎ」だけではない!?広島・丸、オリックス・川端らの役割。 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

俊足巧打を誇るオリックスの川端。昨年は新人王の有力候補にも挙がったが、シーズンを通しての安定した成績が残せず、惜しくも選に洩れた。

「2番打者」が面白い――。

 ペナントレースが開幕して3カードが終了(楽天-千葉ロッテのみ順延のため8日開催)したが、「2番打者」が今までとは違った存在感を放ちつつある。

「2番」といえば、送りバントやエンドランなどで「つなぎ」に徹する黒子。日本野球において元来、この打順に求められてきたのはそういう役割だった。

 ところが今、1番打者を補って余りある活躍を2番打者が見せている。

「打順はどこを打ってもやることは同じだと思っています。けど、現実、後ろにはクリーンアップが控えているので、1番の菊池(涼介)と2人でチャンスを作っていこうという話はしています」

 そう語るのは、4月7日現在、.438でセ・リーグの打率2位につける広島の丸佳浩である。

 7日の阪神戦で3安打の猛打賞。まだ開幕して8戦目だというのに3度目の猛打賞というのだから、その活躍ぶりには目を見張るものがある。野村謙二郎監督も「打撃コーチからのアドバイスをものにしつつある。右投手でも左投手でも苦にしないし、広角に打てる。彼自身もつかんだものがあったんじゃないか。非常に楽しみ」と丸の活躍に目を細めている。

単なる「つなぎ役」ではなく、得点力までも備えた2番打者へ。

 丸の2番起用が面白いのは、型にはまった2番打者ではないということだ。

 たとえば、この試合では、1回裏、先頭の菊池が中前安打で出塁すると、丸は送りバントのそぶりを見せずに、そのまま打って出ると、菊池と同じく中前安打を放って好機を拡大した(一、三塁となり、3番・ルイスの犠飛で1点を先制)。

「送りバントのサインが出たら出たで、きっちりバントを決めますけど、基本、フリーの時は何も考えずに思い切り行こうと考えています。緒方(孝市)コーチから言われたのは、ランナーがいるからフライを上げちゃいけないとか、進塁打を打たなくちゃいけないとか考えなくていい、と。余計なことを考えずに打席に立てている」

 2打席目はショートへのゴロだったが、俊足を生かして内野安打をもぎ取り、3打席目の四球をはさんだあと、1死二塁の好機で回ってきた4打席目には、しぶとく右翼前適時打を放った。

「つなぐ」「作る」「還す」――。

 すべてをこなす2番打者として好調を維持している。

「追い込まれてから簡単に終わるんじゃなくて、しっかり粘れていると思う。今の調子がいいのは打つべき球を打って、捨てる球を捨てられているからだと思います。今まではどんな球でも打ちにいってしまっていたところがありました。逆に、打てる球を簡単に見逃したりしてストライクを取られて……。今はそれがしっかりできている。これを継続してやっていきたい」

【次ページ】 順位こそ最下位だが、広島の試合内容は悪くない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
広島東洋カープ
丸佳浩
野村謙二郎
菊池涼介
オリックス・バファローズ
森脇浩司
坂口智隆
川端崇義
埼玉西武ライオンズ
秋山翔吾
読売ジャイアンツ
脇谷亮太
東北楽天ゴールデンイーグルス
藤田一也
大和
阪神タイガース

ページトップ