詳説日本野球研究BACK NUMBER

日ハムの指名に会場から拍手喝采が。
2011年ドラフト、全球団を徹底検証! 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2011/10/28 13:00

日ハムの指名に会場から拍手喝采が。2011年ドラフト、全球団を徹底検証!<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

日本ハムに強行指名された菅野智之は「監督だったり、両親と相談して決めたいなと思っている」。菅野の父親は「ドラフト制度を否定するわけじゃないが困惑しています。こちら側には何も話はなかったし、誠意を感じない」とコメント

 スカイ・A sports+によるドラフト中継の解説をしている最中のことだった。放送局のスタッフからスッと渡されたのは、日刊スポーツ(ニッカン)とスポーツニッポン(スポニチ)の号外だった。ニッカンは「菅野ハム」、スポニチは「菅野日本ハム」が大きな見出しに。それぞれ「外した巨人は英明松本」「衝撃の強行指名」というサブの見出しがつき、ついさきほど会場を沸かせたばかりの出来事の大きさを伝えていた。

 ドラフト直前まで、菅野智之(投手・東海大)の1位入札は巨人だけだと予想されていた。巨人・原辰徳監督と菅野が伯父・甥の血縁関係で、そこに割って入れば強い抵抗があることを誰もが容易に想像できたからだ。

 だが、この衝撃の1位指名は会議前に日本ハムのフロントから匂わされてもいたのだ。

「誰を指名するんですか」と彼らに気軽に声をかけると、厳しい表情で「プロ野球としてあるべき指名をします」と言われた。「えっ、どういうこと」と聞くと、同じ言葉を繰り返された。

 真意がわかったとき、背中を悪寒に似た衝撃が走った。

 日本ハムのフロントは「1年前から決めていました」ということだった。ドラフト翌日のスポーツ報知は菅野の父、隆志氏の「事前に指名あいさつ一切ない 道義的に許されるのか」という言葉を紹介した。しかし、事前のあいさつがないのは、巨人の横槍、あるいは懐柔を避けるためには仕方なかった。言い換えれば、挨拶がなかったことこそ、日本ハムの真摯な姿勢を物語っている。

日ハムが菅野に1位入札した時、会場から大きな拍手と歓声が……。

 '09年長野久義、'10年澤村拓一と、巨人は無競争で逸材を獲得した。巨人が悪いのではない。面倒を避けようとする他球団の弱腰に問題があった。そういうフラストレーションが野球ファンの中には根強くあった。何のためのドラフトなんだ、何のための「戦力の均衡化」の謳い文句なのだと。

 日本ハムの菅野1位入札が発表されたとき、会場に招待された1000人の野球ファンの中から大きな拍手と歓声が沸いた。そして、抽選で日本ハム・津田敏一球団社長が「交渉権確定」のクジを引き当てたとき、さらに大きい拍手と歓声が沸き起こった。私はスカイ・A sports+の中継で、「集まってくれた方々の声援や拍手をどう(菅野が)受け止めるかですね」と言った。特定の人気球団、資力のある球団に逸材が集中しやすい旧制度に対する反発が'04年の球界再編騒動の発端となり、'08年からドラフトは今のような形に改められた。できれば……菅野にはそういう歴史に思いを致してほしい。そして「プロ野球」という高所に立ち、どういう決定を下すのか熟慮してほしい。

【次ページ】 1位指名の高校生が全員野手だったことの意味とは?

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/6ページ
関連キーワード
菅野智之
読売ジャイアンツ
北海道日本ハムファイターズ
高橋周平
川上竜平
安達了一
野村祐輔
武藤好貴
伊藤隼太
松本竜也
北方悠誠
藤岡貴裕
十亀剣
武田翔太
福岡ソフトバンクホークス
東京ヤクルトスワローズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
広島東洋カープ
千葉ロッテマリーンズ
横浜ベイスターズ
阪神タイガース
中日ドラゴンズ
ドラフト会議

ページトップ