#1099

記事を
ブックマークする

【バドミントン】「地震が怖い、このまま死んじゃうのか…」苦労人・大堀彩が初の五輪で見せる“人生の集大成”と「福島の仲間との絆」

2024/07/06
バドミントン女子シングルス代表としてパリ五輪に挑む大堀彩

 27歳の苦労人が自身初の五輪となるパリ五輪を前に、うなぎ上りに調子を上げている。バドミントンの女子シングルス代表としてパリの大舞台に挑む大堀彩(トナミ運輸)が、6月中旬に行われたオーストラリアオープンで上位グレード大会での初優勝を飾った。2月にもタイマスターズで5年ぶりの国際大会優勝を飾っており、6月18日付けの世界ランキングは自己最高の10位。五輪出場の夢だけでなく、初めて日本A代表に選ばれた'18年に掲げた「世界のトップ10入り」という目標も6年かけて叶えた。

「パリ五輪はバドミントン人生の集大成。ここまで支えてくれた人たちへの感謝の気持ちをコートで示すことが私の使命です」と語り、勢いをつけてパリに向かおうとしている。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Getty Images

0

0

0

前記事 次記事