#1091

記事を
ブックマークする

佐々木朗希に“思想”はあるか?「プロ野球選手会」が果たしてきた役割と意義《かつては落合博満も「脱退」》

2024/02/24
契約更改会見でファンに対し「報道などで、誤解などご心配をおかけしてしまった」と語った佐々木

 2021年オフ、日本ハムは大田泰示外野手、秋吉亮投手、西川遥輝外野手の3選手を「ノンテンダー」として自由契約にしたことを発表した。メジャーリーグの用語の「ノンテンダー」とは、もし当該選手が他チームと契約に至らなかったケースは旧チームへの復帰の可能性を残すもので、そこが戦力外とは異なるところである。

 しかしこのときの日本ハムの3選手に対する処遇は、実質的には戦力外で、「ノンテンダー」という用語を使い、選手への配慮を装ったものだった。そこに反応したのが、労組である日本プロ野球選手会(以下、選手会)だった。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by JIJI PRESS
前記事 次記事