#1085
巻頭特集

記事を
ブックマークする

女流棋士・山根ことみ、愛にまつわる二、三の事柄「他のことはもういい、私は見つけた」…『大山康晴全集』、夫・本田奎、そしてビートルズ。

2023/11/25
11月24日に女流三段になった山根ことみ。愛媛で将棋の世界に没頭した
故郷・松山で81マスの虜になった青春時代を経て、やがて将棋指しとなり、そして棋士の妻となった。愛に満ちた生活と、真剣勝負の世界。自らを形づくる合わせ鏡のような日々について、彼女が語ること。

「愛するもの、ですか?

 えー、まあ、いいか。愛……。

 将棋? 確かに。愛してます」

 山根ことみには愛するものがある。

 インタヴュー前から本稿の冒頭に書く言葉は決めていた。愛の対象を描くことは、彼女という女流棋士を語る何かになるはずだから。

 今から25年前、瀬戸内を望む美しい城下町である松山で生まれた。

 引っ込み思案な少女だった。祖父が所有する裏山で過ごす一人きりの時間が何より好きだった。

「小学4年の夏でした。

 放課後、昇降口の下駄箱の前で、幼馴染の藤岡隼太君(後の学生名人)に言われたんです。「こっちゃん、将棋やらんか」って。

 駒の動かし方は知ってたけど、聞いたら、今度の大会の団体戦に出てよって。まあ、ただの人数集めだったんです。

 当日、私は空手の大会で参加できなくて。でも早く終わったから応援には行こうかなって。会場の松山銀天街まで急ぐと、将棋大会も終わってた。でも、アーケードの下で棋士の方が指導対局をしていて」

 取り囲む子供たちの合間から眺める。

 将棋盤の向こう側にいる武市三郎と眼が合った。同じ四国の徳島市出身。今も子供への指導に定評がある棋士は柔らかく笑い、優しく語り掛けた。「将棋、やろうよ」

「気付いたら盤の前に座ってたんです。ただ駒を動かし続けていたら「負けました!」って大きな声が聞こえて。武市先生は「将棋、楽しいでしょ」って。

 今でも強く覚えているんです。武市先生の優しい声も、大きく頷いた自分も」

週7で将棋センターへ。「私は見つけたんだ」と思えた。

 何事も言われてからでないと動かない少女は明くる日、市内の道場「松山将棋センター」を訪れていた。初めて自分から母に「行きたい」と告げた場所だった。

PREMIER会員になると
続きをお読みいただけます。
特製スマホリング付き!

今なら「雑誌プラン」にご加入いただくと、
全員にNumber特製スマホリングをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Asami Enomoto
前記事 次記事