#1051
巻頭特集

[副代表の決意]ノーザンファーム「世界制覇の新・航海術」

2022/05/20
世界を股にかけ日本競馬を牽引し続ける巨大オーナーブリーダーは、海外への遠征が当たり前になった現在、いかなるビジョンを描いているのか。吉田俊介副代表に訊いた。

 2019年5勝、'20年1勝、'21年4勝、そして今年これまで1勝。ノーザンファーム(NF)が生産した日本馬による、海外GIの勝利数である。近年の活躍は目覚ましく、昨年はラヴズオンリーユーがブリーダーズカップ(BC)フィリー&メアターフで日本馬初のBC制覇を果たし、2時間後にマルシュロレーヌがBCディスタフで日本馬初の海外ダートGI制覇を達成。今年はシャフリヤールが、ドバイシーマクラシックで日本のダービー馬による海外GI初制覇を果たした。

 生産馬を海外遠征させる理由について、NF副代表の吉田俊介はこう語る。

「NFの生産馬が、BCや、創設されたばかりのサウジアラビアのレースに挑戦するようになったのは最近のことですが、ドバイや香港のレースへの挑戦は、20年ほど前からつづけています。そして今は、日本のレーシングカレンダーと世界のカレンダーを同時に見て、その馬にとって最適なローテーションを考えるようになりました。当初の予定にこだわらず、レースの結果によって次に挑戦し得るレースを考える。そのなかで、選択肢として海外のレースが浮上する機会が増えたのだと思います」

 トゥザヴィクトリーが'01年のドバイワールドCで2着になったのが、NF生産馬による初めての海外遠征だった。以降、毎年生産馬が遠征に出ている。'19年は海外で17頭が30戦、コロナの影響を受けはじめた'20年も5頭が9戦、'21年は11頭が16戦、そして今年は10頭が10戦している。

PREMIER会員になると
続きをお読みいただけます。
特製スマホリング付き!

今なら「雑誌プラン」にご加入いただくと、
全員にNumber特製スマホリングをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Takuya Sugiyama
前記事 次記事