リーズ・ユナイテッド 

ビエルサ考案「4-1-1-1-3」の“ORIGINAL”な衝撃 「システムは10個」と豪語するワケ

欧州サッカーPRESS

ビエルサ考案「4-1-1-1-3」の“ORIGINAL”な衝撃 「システムは10個」と豪語するワケ

2002年、福島Jヴィレッジの監督室──。荒川が経験したビエルサによる個人レクチャーはシステムの話から始まった。「その時にシ… 続きを読む

赤石晋一郎Shinichiro Akaishi

海外サッカー

2020/10/15

ビエルサ、グアルディオラにポゼッションで上回りドロー 選手交代とマッチアップの妙を検証

欧州サッカーPRESS

ビエルサ、グアルディオラにポゼッションで上回りドロー 選手交代とマッチアップの妙を検証

10月3日、エランド・ロード(リーズ・ユナイテッドの本拠地)で行われたリーズ・ユナイテッド対マンチェスター・シティは注目の1… 続きを読む

赤石晋一郎Shinichiro Akaishi

海外サッカー

2020/10/15

ポゼッションサッカーの「神髄」とは? ビエルサが演出した熱狂のリバプール戦で起きていたこと

欧州サッカーPRESS

ポゼッションサッカーの「神髄」とは? ビエルサが演出した熱狂のリバプール戦で起きていたこと

だが、7~10億円の高給であろうとも、自らの哲学に反することが起きれば契約を破棄することは厭わない。それがビエルサという人… 続きを読む

赤石晋一郎Shinichiro Akaishi

海外サッカー

2020/09/24

“奇人”ビエルサ「その血が必要なのです!」、グアルディオラとの“11時間の議論”

欧州サッカーPRESS

“奇人”ビエルサ「その血が必要なのです!」、グアルディオラとの“11時間の議論”

ビエルサはペップの質問にこう答えた。「私にはその血が必要なのです!」ビエルサとペップによる「11時間の議論」という、あまり… 続きを読む

赤石晋一郎Shinichiro Akaishi

海外サッカー

2020/09/11

奇才ビエルサ戦術は死んでなかった。2000年代に破産リーズ復活の秘技。

球体とリズム

奇才ビエルサ戦術は死んでなかった。
2000年代に破産リーズ復活の秘技。

マルセロ・ビエルサに息を吹き込まれたリーズ・ユナイテッドが、16年ぶりにプレミアリーグに戻ってくる。 続きを読む

井川洋一Yoichi Igawa

海外サッカー

2020/07/23

リーズ強化スタッフの藤田俊哉が語る井手口陽介、前倒し移籍の理由と今。

藤田俊哉の日欧蹴球比較論

リーズ強化スタッフの藤田俊哉が語る
井手口陽介、前倒し移籍の理由と今。

W杯ロシア大会まであと2カ月というこのタイミングで、日本代表のハリルホジッチ監督が解任された。直接のきっかけはベルギー遠征… 続きを読む

藤田俊哉Toshiya Fujita

サッカー日本代表

2018/04/13

「麻也のタフさとクレバーさは不可欠」藤田俊哉がプレミアで見たその成長。

藤田俊哉の日欧蹴球比較論

「麻也のタフさとクレバーさは不可欠」
藤田俊哉がプレミアで見たその成長。

2017-18シーズンより、オランダのVVVフェンロからイングランドのリーズ・ユナイテッドに活動の場を移した。 続きを読む

藤田俊哉Toshiya Fujita

海外サッカー

2017/11/02

サポーターの喜ぶプレーは国で違う。藤田俊哉がリーズで感じた“英国流”。

藤田俊哉の日欧蹴球比較論

サポーターの喜ぶプレーは国で違う。
藤田俊哉がリーズで感じた“英国流”。

VVVフェンロ(オランダ)からリーズ・ユナイテッド(イングランド)に移籍して3カ月。両国のフットボール文化を肌で感じ、違いが… 続きを読む

藤田俊哉Toshiya Fujita

海外サッカー

2017/09/27

欧州クラブは日本人選手のここを見る。藤田俊哉が考える海外移籍の核心。

藤田俊哉の日欧蹴球比較論

欧州クラブは日本人選手のここを見る。
藤田俊哉が考える海外移籍の核心。

当時はまだ「移籍」という言葉は、身近なものではなかった。この言葉を意識するようになったのは、プロサッカーリーグ(Jリーグ… 続きを読む

藤田俊哉Toshiya Fujita

海外サッカー

2017/07/27

ページトップ