記事に戻る

今年で60歳・川平慈英サッカー愛を語りまくる怒涛の90分「クーッ!脳内モルヒネが出まくってた」プロを目指したイケイケFW時代

9月23日に60歳の誕生日を迎えた俳優・川平慈英。愛してやまないサッカーとの出会いを語った / photograph by Kiichi Matsumoto 話題がサッカーに移ると、目つきが変わった ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto 読売クラブ時代の戸塚哲也(1985年)。川平にとって憧れの先輩だった1人 ©︎BUNGEISHUNJU 米大留学時代の川平慈英(本人提供) 米大留学時代の川平慈英(本人提供) ©︎Kiichi Matsumoto 打ちひしがれていた川平を救ったのは「演劇」だった ©︎Kiichi Matsumoto テレビ朝日「ニュースステーション」のキャスターとして日本サッカーを盛り上げてきた川平慈英。しかし、本業である俳優との両立に悩んだ時期もあった ©Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップを制した日本代表 ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto テレビ朝日のサッカーW杯関連番組の制作発表会見に出席する(左から)ナインティナインの矢部浩之、小宮悦子、川平慈英(2002年)©︎Sankei Shimbun 日本代表がW杯初出場を決めた瞬間、スポーツバーで喜びを爆発させる川平慈英。この様子は、翌日のニュースステーションでも放送された(提供/テレビ朝日)。カタールW杯でもテレビ朝日の中継でナビゲーターを務める フランスW杯出場を決めて歓喜するサッカー日本代表 ©︎Kazuaki Nishiyama おなじみの「クーッ!」は、兄との日常会話から生まれたもの。飾らないキャラクターがお茶の間にウケた ©︎Kiichi Matsumoto 2005年Jリーグオープニングエキシビジョンマッチ「横浜F・マリノスOB vs OBスターズ」に出場した川平慈英 ©︎Masakazu Watanabe/AFLO SPORT 高校生だった川平少年は日本開催のワールドユースでスターになったマラドーナに魅了された。写真はプロを目指していた米大留学時代 ©Jay Kabira ©︎Kiichi Matsumoto  1979年FIFAワールドユース選手権・決勝に臨むディエゴ・マラドーナ(右)©︎Shinichi Yamada/AFLO ©︎Kiichi Matsumoto  2000年、ミュージカル『オケピ!』制作発表会見に出席する川平慈英(後列左)©︎Sankei Shimbun たいようがわらってる/Gakken ©︎Kiichi Matsumoto ニュースステーションで共演した小宮悦子さんがファンになったロベルト・バッジョ ©︎BUGEI SHUNJU ©︎Kiichi Matsumoto ニュースステーションで共演した小宮悦子さんがファンになったロベルト・バッジョ ©︎BUGEI SHUNJU 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Naoya Sanuki 三浦知良 ©︎Naoya Sanuki 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama 三浦知良 ©︎Naoya Sanuki ©︎Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto ドーハの悲劇 ©︎Koji Asakura ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Naoya Sanuki ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ハンス・オフト監督 ©︎Koji Asakura ©︎Kiichi Matsumoto 森保一 ©︎Koji Asakura ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto

話題がサッカーに移ると、目つきが変わった ©︎Kiichi Matsumoto

9月23日に60歳の誕生日を迎えた俳優・川平慈英。愛してやまないサッカーとの出会いを語った / photograph by Kiichi Matsumoto 話題がサッカーに移ると、目つきが変わった ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto 読売クラブ時代の戸塚哲也(1985年)。川平にとって憧れの先輩だった1人 ©︎BUNGEISHUNJU 米大留学時代の川平慈英(本人提供) 米大留学時代の川平慈英(本人提供) ©︎Kiichi Matsumoto 打ちひしがれていた川平を救ったのは「演劇」だった ©︎Kiichi Matsumoto テレビ朝日「ニュースステーション」のキャスターとして日本サッカーを盛り上げてきた川平慈英。しかし、本業である俳優との両立に悩んだ時期もあった ©Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップを制した日本代表 ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto テレビ朝日のサッカーW杯関連番組の制作発表会見に出席する(左から)ナインティナインの矢部浩之、小宮悦子、川平慈英(2002年)©︎Sankei Shimbun 日本代表がW杯初出場を決めた瞬間、スポーツバーで喜びを爆発させる川平慈英。この様子は、翌日のニュースステーションでも放送された(提供/テレビ朝日)。カタールW杯でもテレビ朝日の中継でナビゲーターを務める フランスW杯出場を決めて歓喜するサッカー日本代表 ©︎Kazuaki Nishiyama おなじみの「クーッ!」は、兄との日常会話から生まれたもの。飾らないキャラクターがお茶の間にウケた ©︎Kiichi Matsumoto 2005年Jリーグオープニングエキシビジョンマッチ「横浜F・マリノスOB vs OBスターズ」に出場した川平慈英 ©︎Masakazu Watanabe/AFLO SPORT 高校生だった川平少年は日本開催のワールドユースでスターになったマラドーナに魅了された。写真はプロを目指していた米大留学時代 ©Jay Kabira ©︎Kiichi Matsumoto  1979年FIFAワールドユース選手権・決勝に臨むディエゴ・マラドーナ(右)©︎Shinichi Yamada/AFLO ©︎Kiichi Matsumoto  2000年、ミュージカル『オケピ!』制作発表会見に出席する川平慈英(後列左)©︎Sankei Shimbun たいようがわらってる/Gakken ©︎Kiichi Matsumoto ニュースステーションで共演した小宮悦子さんがファンになったロベルト・バッジョ ©︎BUGEI SHUNJU ©︎Kiichi Matsumoto ニュースステーションで共演した小宮悦子さんがファンになったロベルト・バッジョ ©︎BUGEI SHUNJU 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Naoya Sanuki 三浦知良 ©︎Naoya Sanuki 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama 三浦知良 ©︎Naoya Sanuki ©︎Kiichi Matsumoto 1992年アジアカップ ©︎Kazuaki Nishiyama ©︎Kiichi Matsumoto ドーハの悲劇 ©︎Koji Asakura ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Naoya Sanuki ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto ハンス・オフト監督 ©︎Koji Asakura ©︎Kiichi Matsumoto 森保一 ©︎Koji Asakura ©︎Kiichi Matsumoto ©︎Kiichi Matsumoto

ページトップ