記事に戻る

顔はしわくちゃ、皮膚はカリカリ…ボクサーはなぜ“過酷すぎる減量”に挑み続けるのか? 世界王者が語る水抜きのコツとダチョウの美味さ

「ボクサーの減量」をテーマに取材に応じたWBO世界ミニマム級王者・谷口将隆(28)。リミットに達した時の姿と見比べると、その過酷さがよくわかる(減量中の写真は記事内でご覧いただけます) / photograph by Masayuki Sugizono 計量をクリアしてポーズを決める谷口将隆。4月22日に初防衛に成功した ©KYODO (左)自宅の風呂場にて、47.6kgのリミットに到達した時に撮影した写真。ふざけてカメラを向けたが「いつもこの顔になっている」。(右)試合から約1カ月後、普段の体重に戻った谷口 2021年12月14日、ウィルフレッド・メンデス(プエルトリコ)を破ってWBO世界ミニマム級王者となった谷口。この日は井上尚弥とのダブル世界戦としても注目を集めた ©AP/AFLO 2度目の世界タイトル戦に挑戦した際の減量時(21年12月) 初防衛戦前の減量時(22年4月)

計量をクリアしてポーズを決める谷口将隆。4月22日に初防衛に成功した ©KYODO

「ボクサーの減量」をテーマに取材に応じたWBO世界ミニマム級王者・谷口将隆(28)。リミットに達した時の姿と見比べると、その過酷さがよくわかる(減量中の写真は記事内でご覧いただけます) / photograph by Masayuki Sugizono 計量をクリアしてポーズを決める谷口将隆。4月22日に初防衛に成功した ©KYODO (左)自宅の風呂場にて、47.6kgのリミットに到達した時に撮影した写真。ふざけてカメラを向けたが「いつもこの顔になっている」。(右)試合から約1カ月後、普段の体重に戻った谷口 2021年12月14日、ウィルフレッド・メンデス(プエルトリコ)を破ってWBO世界ミニマム級王者となった谷口。この日は井上尚弥とのダブル世界戦としても注目を集めた ©AP/AFLO 2度目の世界タイトル戦に挑戦した際の減量時(21年12月) 初防衛戦前の減量時(22年4月)

ページトップ