記事に戻る

“右目を失明しながらヒクソンと対戦した男”中井祐樹はなぜ憧れていたUWFと決別したのか?「真剣勝負にキャメルクラッチはありえない」

『VALE TUDO JAPAN OPEN 1995』決勝でヒクソン・グレイシーと対戦。同試合に至る経緯は増田俊也氏の著書『VTJ前夜の中井祐樹』に詳しい / photograph by Susumu Nagao 初代タイガーマスクの佐山聡は修斗の創設者としても知られている ©Sports Graphic Number 中井祐樹vsジェラルド・ゴルドー。圧倒的な体格差に加え、サミングで右目を失明しながらも、ヒールホールドで一本勝ちを収めた ©Susumu Nagao ©Number Web 『VALE TUDO JAPAN OPEN 1995』決勝のヒクソン・グレイシーvs中井祐樹。中井は1回戦のジェラルド・ゴルドー戦で右目の視力を失っていた ©Susumu Nagao 体格差を覆して決勝まで勝ち上がった中井祐樹を称えるヒクソン・グレイシー ©Susumu Nagao 初代タイガーマスクとして一世を風靡し、修斗を創設した佐山聡 ©Sports Graphic Number 寝技への「引き込み」の練習をする北海道大学の柔道部員たち ©KYODO 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』で第43回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した増田俊也 ©Nanae Suzuki 2010年、インタビュー中のヒクソン・グレイシー ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number 「パラエストラ東京」でインタビューに応じた中井祐樹 ©Number Web 北大柔道部での毎日は充実していたが、こと勉学に関しては「まったくダメだった」という ©Number Web 中井祐樹(2001年撮影) ©Sports Graphic Number 中井祐樹(2001年撮影) ©Sports Graphic Number

初代タイガーマスクの佐山聡は修斗の創設者としても知られている ©Sports Graphic Number

『VALE TUDO JAPAN OPEN 1995』決勝でヒクソン・グレイシーと対戦。同試合に至る経緯は増田俊也氏の著書『VTJ前夜の中井祐樹』に詳しい / photograph by Susumu Nagao 初代タイガーマスクの佐山聡は修斗の創設者としても知られている ©Sports Graphic Number 中井祐樹vsジェラルド・ゴルドー。圧倒的な体格差に加え、サミングで右目を失明しながらも、ヒールホールドで一本勝ちを収めた ©Susumu Nagao ©Number Web 『VALE TUDO JAPAN OPEN 1995』決勝のヒクソン・グレイシーvs中井祐樹。中井は1回戦のジェラルド・ゴルドー戦で右目の視力を失っていた ©Susumu Nagao 体格差を覆して決勝まで勝ち上がった中井祐樹を称えるヒクソン・グレイシー ©Susumu Nagao 初代タイガーマスクとして一世を風靡し、修斗を創設した佐山聡 ©Sports Graphic Number 寝技への「引き込み」の練習をする北海道大学の柔道部員たち ©KYODO 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』で第43回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した増田俊也 ©Nanae Suzuki 2010年、インタビュー中のヒクソン・グレイシー ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number ©Sports Graphic Number 「パラエストラ東京」でインタビューに応じた中井祐樹 ©Number Web 北大柔道部での毎日は充実していたが、こと勉学に関しては「まったくダメだった」という ©Number Web 中井祐樹(2001年撮影) ©Sports Graphic Number 中井祐樹(2001年撮影) ©Sports Graphic Number

ページトップ