記事に戻る

筒香嘉智は問題視…少年野球「飛ぶバット」への賛否をどう考える? 通算403本の本塁打王は「子どもたちにホームランの夢を見せてあげたい」

少年野球で人気の「飛ぶバット」。「さすがに飛びすぎでは?」という疑問をどう考えればよいのだろうか?(※写真はイメージ) / photograph by Getty Images 筆者が球場で見た山崎武司(楽天)のホームラン。2007年4月1日、投手は吉井理人(オリックス) ©KYODO 中日、オリックス、楽天で活躍した山崎武司。通算403本塁打、ホームラン王2回、打点王1回。2013年に現役引退 ©BUNGEISHUNJU 2002年に初めて発売されたミズノ「ビヨンドマックス」。当時、在庫切れ状態となり、店頭にはお詫びのはり紙も ©Sankei Shimbun 2002年当時の「ビヨンドマックス」。ヘッド部に柔らかい素材を使用し、打球の飛距離を伸ばした ©KYODO こちらは2016年時点の「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」 ©KYODO

2002年に初めて発売されたミズノ「ビヨンドマックス」。当時、在庫切れ状態となり、店頭にはお詫びのはり紙も ©Sankei Shimbun

少年野球で人気の「飛ぶバット」。「さすがに飛びすぎでは?」という疑問をどう考えればよいのだろうか?(※写真はイメージ) / photograph by Getty Images 筆者が球場で見た山崎武司(楽天)のホームラン。2007年4月1日、投手は吉井理人(オリックス) ©KYODO 中日、オリックス、楽天で活躍した山崎武司。通算403本塁打、ホームラン王2回、打点王1回。2013年に現役引退 ©BUNGEISHUNJU 2002年に初めて発売されたミズノ「ビヨンドマックス」。当時、在庫切れ状態となり、店頭にはお詫びのはり紙も ©Sankei Shimbun 2002年当時の「ビヨンドマックス」。ヘッド部に柔らかい素材を使用し、打球の飛距離を伸ばした ©KYODO こちらは2016年時点の「ビヨンドマックスメガキングアドバンスⅡ」 ©KYODO

ページトップ