記事に戻る

「ゼリー状の“それ”が自分の右目だと信じきっていた」失明危機に陥ったフットボーラー・松本光平が語る“光を失った瞬間”の激痛

オセアニアのクラブを中心に独創的なキャリアを重ねてきた松本光平。事故から約1カ月後の2020年6月、右目は眼帯でふさがれていた / photograph by Tetsuichi Utsunomiya 2020年7月、NumberWebのインタビューに応じる松本光平 ©Yuki Suenaga 2019年にはヤンゲン・スポート(ニューカレドニア)の一員としてクラブW杯に出場した ©Getty Images ©Tetsuichi Utsunomiya 『前だけを見る力 失明危機に陥った僕が世界一に挑む理由』(KADOKAWA)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

©Tetsuichi Utsunomiya

オセアニアのクラブを中心に独創的なキャリアを重ねてきた松本光平。事故から約1カ月後の2020年6月、右目は眼帯でふさがれていた / photograph by Tetsuichi Utsunomiya 2020年7月、NumberWebのインタビューに応じる松本光平 ©Yuki Suenaga 2019年にはヤンゲン・スポート(ニューカレドニア)の一員としてクラブW杯に出場した ©Getty Images ©Tetsuichi Utsunomiya 『前だけを見る力 失明危機に陥った僕が世界一に挑む理由』(KADOKAWA)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

ページトップ