記事に戻る

《引退》西川周作からの確信的ごっつぁんゴール…控えめな赤嶺真吾が最後に話した“点取り屋の自負” 故郷で終えた幸せなサッカー人生

昨季限りで現役引退を決めた赤嶺真吾(38歳)。渡り歩いたクラブそれぞれで、ファンの記憶に残るをゴールを量産した / photograph by J.LEAGUE 決勝ゴールを決め、喜名監督と喜ぶ赤嶺 ⒸJ.LEAGUE 仙台時代に先輩・上本(29番)と共にプレーした ©︎Etsuo Hara/Getty Image 今野泰幸とゴールを喜ぶ赤嶺。手前の22番が大分・上本大海 ©︎J.LEAGUE 赤嶺の鋭い動き出しによるゴールに、仙台サポーターも歓喜した ©︎J.LEAGUE 岡田政権時代の2008年、日本代表候補合宿に参加した赤嶺。A代表のピッチを踏むことはなかった ©︎AFLO SPORT

昨季限りで現役引退を決めた赤嶺真吾(38歳)。渡り歩いたクラブそれぞれで、ファンの記憶に残るをゴールを量産した(photograph by J.LEAGUE)

昨季限りで現役引退を決めた赤嶺真吾(38歳)。渡り歩いたクラブそれぞれで、ファンの記憶に残るをゴールを量産した / photograph by J.LEAGUE 決勝ゴールを決め、喜名監督と喜ぶ赤嶺 ⒸJ.LEAGUE 仙台時代に先輩・上本(29番)と共にプレーした ©︎Etsuo Hara/Getty Image 今野泰幸とゴールを喜ぶ赤嶺。手前の22番が大分・上本大海 ©︎J.LEAGUE 赤嶺の鋭い動き出しによるゴールに、仙台サポーターも歓喜した ©︎J.LEAGUE 岡田政権時代の2008年、日本代表候補合宿に参加した赤嶺。A代表のピッチを踏むことはなかった ©︎AFLO SPORT

ページトップ